「10年勤めた会社を辞めるなんて…」

仕事を辞めたい気持ちがあったとしても、10年近く勤めてきた会社を辞めるということには抵抗感がありますよね。人に相談しても「それだけ頑張ったんだからもったいない」と言われることが多いと思います。

ただ、10年を過ぎるとさらに辞めづらくなって、ずるずると続けてしまう可能性が高くなります。

10年という区切りは転職をするラストチャンスとも言えます。

今回は、勤続10年の方が転職を成功させるにはどうすればいいのか? 転職経験者の僕からポジティブな考え方や転職活動への取り組み方をアドバイスさせていただきたいと思います。

目標に向かうために転職したい方へ

10年目に転職を考える人の理由として挙げられることが多いのが、「目標に向かうため」です。

10年目という一種のターニングポイントに立っている中、新しい目標が見えたからそれを実現させるために転職をしようと志したということですね。

10年目ともなると職場でも中心的な存在になっている人も多く、新社会人のときには見えなかった景色が見えます。

人の上に立ち始めてやっと「本当にやりたいこと」に気づいたり、今までやりたかったことを実現することが現実的になってきたりするため、そういった前向きな理由での転職をする人が多いんでしょう。

そういう人には、「躊躇わずに転職しよう」と言いたいです。

一度きりの人生です。職場の迷惑とか何も考えず、自分の目標を達成するために転職するべきだと僕は思います。

ネガティブな理由で転職したい方へ

10年目の転職ともなると、理由がネガティブな人は少なくなっているように感じます。

仕事内容や職場自体に大きな不満を抱えている場合、もうとっくに辞めているんですよね。残業ばかりの職場とか、人間関係が合わない職場とかでは、10年目まで続かない。

ただ、10年目になって不満に気づいた人もいます。

そういう人も躊躇うことはなく、転職したほうが良いでしょう。遅すぎたなんてことは無いんです。気づいたときが辞めどきです。

そして、周りの人間にはそれを止める権利なんて無いんだ。

周囲の人間が言えることは、ただひとつだけ。

「今まで長い間お勤めお疲れ様です。また次に向けて歩き始めましょう」

10年目の転職はメリットが大きい

10年目の転職を躊躇う理由が無いというのは、長い間勤めてきたからこそということもありますが、転職で得られるものが大きいからなんです。

たとえば同じ業界で転職をする場合、年収アップや労働条件の改善やキャリアアップなど…何でも、やってやれないことはありません。

一つの会社に居続けるだけでは、到底できないようなことができます。

年収500万円から一気に800万円に…ということもありますからね。自分自身が考えていた自分の限界を、転職を機に突破することができるんです。職業人にレベルマックスは無いですから。

未経験の職種に転職する場合は少し苦労しますが、何より「自分のやりたいことができる」というのは大きな喜びでありメリットでしょう。

一度自分自身をリセットして、もう一度フレッシュな気分でやり直せるなんて、こんなに贅沢なことは他になかなかありません。

10年目で転職を成功させるには?

社会人10年目に求められるのは、高いポテンシャルです。業界内での転職でも、未経験転職でも変わらず求められます。

社会人10年目ともなると年齢もそれなりになってくるものの、まだまだ社会人生活の中では折り返し地点でもありません。

これから先も成長していくだろうことが、考えられます。

企業が求めているスキルを今持っていないとしても、高いポテンシャルがあれば採用されるなんていうこともあるんです。未経験採用の場合、高いポテンシャルが無ければ採用は難しい…。

だから、必須なのは「スキルや経験」より「今後の成長が見込める人であること」です。もちろん、スキルや経験が不要という意味ではありませんよ?

高いポテンシャルを感じさせる方法

高いポテンシャルを相手に感じさせることが転職では大事ということですが、その方法がわからないという人も多いかもしれません。方法はひとつではなく、いろいろなものがあります。

特に簡単にポテンシャルの高さを感じさせることができるのが、この方法!

「転職の目的を前向きに、そして明確にプレゼンする」

自分の転職目的や理由をプレゼンできるほどに明確にしましょう。改めてそんなことをしなくてもわかっているという人もいるかもしれませんが、案外理解が浅いことが多いです。

一言で説明できればそれでいいのではなくて、プレゼンできる程度でないと面接で話すのに苦労しますからね。

また、どうしてこれが高いポテンシャルを感じさせることになるのかという疑問もあると思います。

それは… 目的意識が高い人は、成長性が高いから!

人が成長をするには「目的」や「目標」が必要です。プロ野球選手を目指す人は漠然と「プロになりたい」と思うのではなく、「イチローのように」「松井のように」と思うものですよね。Youtuberになりたいと思っている子供は「ヒカキンのように」と思います。

自分が将来なりたい姿や、手に入れたいものがあるからこそ人は努力して成長する。

成長性やポテンシャルをアピールするのであれば、目的意識の高さをアピールするのが近道なんです。

そのために「転職の目的を前向きに、明確にプレゼンできる程度まで理解する」ことが必要ということ。

その目的意識の高さが、10年目の転職における最大の武器。

大きな戦いを前に特別な武器を用意するのは、当然のこと。勇者は勇者の剣を仲間たちと一緒に作ってから、魔王や邪心を倒すもの。

さあ、武器を手に取って戦いに挑みましょう!