介護業界は需要高騰に深刻な人材不足の業界…未経験者が飛び込むにはぴったりだと思います。

ただし、介護業界の仕事内容と施設ごとの違いをしっかり把握しておかなければ転職に失敗してしまう可能性は高いです。僕の知人にも未経験から介護業界に転職したものの、ミスマッチを起こして辞めた人が何人かいます。

転職をするのは簡単だけど転職を成功させるのは意外と難しい介護業界、自分に合う仕事と職場を見つけるための知識を僕から授けましょう!

介護業界で未経験者が就ける仕事

介護業界の仕事は資格が必要なものがほとんどです。そしてその資格の要件に実務経験が含まれるものも多いです。

ただ、その限られた選択肢の中にもしっかり選択肢があります。施設ごとの仕事内容と給料、仕事の難易度などを見ていきましょう。

特別養護老人ホームの場合

ここには、要介護レベルの高い人が入居していきます。たとえば、認知症や寝たきりなどの状態の人ですね。

ここでの介護職の仕事は、利用者の生活介助がメインとなっています。排泄サポート・入浴サポート・食事の介助・オムツ交換などなど…利用者が生活を行う上でひとりでは行うのが難しいことを、サポートするというわけです。

あとはたまに行うレクリエーションの企画もありますね。

要介護レベルが高い人が多いということで、介護のスキルレベルを追求することができるところが魅力的。教育体制などもしっかり整っている施設が多く、未経験から学ぶこともできます。

有料老人ホームの場合

有料老人ホームは民間企業が運営する老人ホームです。要介護レベルに関わらず、介護が必要な人が幅広く集まる傾向があります。幅広い業務経験を積むのにぴったりということです。

未経験無資格OKな求人も多い傾向があり、経験を積む意味だけでなく未経験者が介護業界に転職するのに程よい職場と言えるでしょう。

仕事内容は特養とあまり変わりません。

介護老人保健施設、通称老健の場合。

リハビリなど医療的な視点から、機能回復と自宅復帰を目指す施設です。

介護職員の仕事は老人ホームのような生活における身体介助のほかに、リハビリ業務があるのが特徴的です。リハビリ内容は人によりますが、マッサージや簡単な運動などによるものが多くなっています。

体の仕組みに詳しい人やリハビリ関係の仕事経験・マッサージ経験がある人には、馴染みやすいのではないでしょうか。

デイサービス・デイケアなど通所介護の場合

利用者が施設に通う形の介護施設です。要介護度の低い高齢者に対して、食事・入浴介助・レクリエーションなどを行います。主に高齢者のリフレッシュを目的とした施設ということです。

生活介助に関してはそこまで高いレベルが求められない代わりに、高い接遇能力やレクリエーション能力が求められます。

レクリエーション能力というのは簡単に言えば「人に喜ばれる特技」です。ピアノが弾ける、歌が得意など一芸があると利用者に喜ばれますよ。

人を楽しませることや、場の空気を盛り上げることが好きな人や得意な人には向いています。身体的負担が少ないため、体力に自信がない人はデイサービス・デイケアを選ぶと良いでしょう。

訪問介護の場合

ホームヘルパーの仕事と言うとイメージしやしと思います。

仕事内容は、家の掃除・片付け・洗濯・調理といった家事がメインです。基本的にはひとりでも生活できる人が多いので身体介護はありません。

また、その人の生活などから趣味趣向などの情報を仕入れやすく、利用者ひとり一人に寄り添ったサービスを提供しやすくなっています。

入居型の施設と違って夜間業務はほとんどないというのも魅力的なところです。ただし、チームケアではないため未経験者だと少し難しいこともあるのかもしれません。

家事が得意な人や自分のペースで働きたい人には向いています。

以上が、基本的な介護施設やサービスの種類と仕事内容・魅力などでした!

未経験から介護業界に転職するのなら、特養・有料老人ホーム・デイサービスが最もオススメです。

ただ、施設ごとに違うのは仕事内容だけではありません。給料も異なるため、そこも踏まえて転職先に選ぶ施設を決めましょう。

厚生労働省の平成29年度介護従事者処遇状況等調査結果を見てみると、給料の違いがよくわかります。

介護職員の平均月給は、介護老人福祉施設(特養)が約32万2千円、老健が約31万4千円、訪問介護が約29万3千円、通所介護が約26万4千円です。

介護職未経験の「国家資格ホルダー」なら選択肢が広がる

ケアマネージャーは資格が必要な仕事で、しかも介護の実務経験などが求められます。ただし、国家資格等に基づく業務経験5年という資格要件もあるんです。

この要件に当てはまるのは、栄養士・管理栄養士・医師・はり師などの「要援護者に対する直接的な対人援助業務」を行う国家資格となっています。その実務経験が5年あれば、介護業界未経験でもケアマネ資格を取得してケアマネとして働けるというわけです。

当てはまる人は、介護職だけでなくケアマネも選択肢のひとつとして考えてみると良いかもしれませんね。

介護業界に未経験で転職したいなら知っておくべきこと

介護の仕事を徹底的に解説してきましたが、未経験で介護業界に転職するときには他にも知っておくべきことがあります。それらを簡単に説明するので、ぜひ転職するときの参考にしてみてください。

1.介護業界はブラックなところも多い! 見極める方法を知ろう

介護業界の仕事は大変なうえに、結構ブラックな体勢で行っている事業者も多いです。そのために辞めていく介護士も大勢います。

ホワイトな優良事業者を見極めないといけません。

求人を見るときに給与条件を良く見るのは当然ですが、休日日数・募集人数・福利厚生にも気を配りましょう。

事業所の従業員数を調べると、それに対して募集人数があまりに多いケースが結構あります。その場合は大量採用と大量離職を繰り返しているところがほとんどです。人材不足も深刻化していて一人当たりの負担も大きく、未経験者にとって良い環境とは言えません。

それらをもとに求人を厳選した後も、面接時にしっかり優良事業者かどうか見極めましょう!

その方法がフロアの見学です。

見学時には働いているスタッフの表情と働きぶり、フロアのにおいや清潔感などを見ておくと良いでしょう。フロアのにおいと清潔感をチェックするのは、スタッフに清掃をしっかり行う余裕があるかどうかを判断するためです。

ここまでしてようやく、自分にとって良い職場に就けます! 怠らず、しっかり見極めましょう。

2.資格は早めに複数取ることが大事!

  • 介護職員初任者研修
  • 介護職員実務者検収
  • 介護福祉士

まずは、上記三つの資格取得を目指してみてください。

初任者研修は実務経験を問わず取得できる資格で、介護業界で働くための基礎知識を学ぶことができます。筆記試験のみで取得しやすく、これがあるだけで転職市場価値がグンと上がるため、今から取得しても良いでしょう。

あとは実務経験を行ううちに実務者検収を修了することで、サービス責任者の資格を得ることです。給料と立場が両方上がることになります。

介護福祉士の資格に挑戦するための鍵にもなりますからね。介護福祉士を取得すると、生活相談員・チームリーダー・管理者などへの道も開けます。

あとは、ケアマネージャーの資格もキャリアのひとつとして考えておくと良いでしょう。

まずは転職エージェントに相談して方向性を決めよう!

介護業界は人材不足にあえいでいるため、未経験からでも多くの転職者を受け入れています。そのため特にアピールポイントなどを探らずとも就ける可能性がありますが、自分がどんなことに役立つかくらいは客観的に判断しておきたいですよね。

また、ホワイトな職場を探すのも案外ひとりだと難しい…。

まずは転職エージェントに相談して自分の強みを探りながら、ホワイトな職場の求人を見つけて方向性を固めましょう!