介護職は、ストレスが溜まりますよね。

需要は高いのに人手が足りなくて一人当たりの仕事量が多いし、そのくせ賃金は低い。有給が取りにくく、休みも不定。夜勤と日勤の入れ替わりが激しくて健康被害も出るし、不眠症になる人も少なくはない。

総合的に…あまりに過酷過ぎる!!

過酷な労働環境から、介護職を辞めたいと嘆く人はあまりに多いです。介護職を辞めたいと思っている人は、一度少しだけ立ち止まって考えてみてください。

何を考えるべきか、どうすべきかを「ひとりの転職成功者」として、語りたいと思います。

介護職を続ける選択肢を考えてみる

介護職を辞めたい人へのアドバイスとして、あまり相応しくないかもしれませんが、介護職を続けられるかどうかは一度考えるべき問題です。

たとえば「給料だけが不満」であれば、介護職でも給料が比較的高い職場を探すという手があるでしょう。

また、取得していないのであれば、介護福祉士の資格やケアマネの資格を取得するのも給料アップさせる手段として有効です。

知り合いに介護福祉士の資格を取得している人がいますが、彼女の給料はしっかり高いですよ。

そのため、給料が上がれば続けられそうなら、介護職を続ける選択肢もあります。

しかし、給料以外の不満のほうが大きい人は、介護職を続ける選択肢は無いも同然でしょう。

給料は高くなったとしても、労働環境の悪さや過酷な仕事のストレスは無くなりませんからね。だから、そういう人は介護職から抜け出すことを考えましょう。

周りは引き止めるかもしれません。

「介護職から異業種への転職は無謀」と言う人もいるでしょう。

出来るか出来ないかなんていうことは、出来なかったときに考えることです。行動しないうちから考えることではありません。

大切なのは「失敗しないようにすること」と「失敗したときどうするか」ですが、今考えるべきは「失敗しないように転職すること」だけです。

介護職は誰かの幸せを支える仕事ですが…。

自分が幸せになるために、生きてください。

転職のためにアピールポイントを考えてみよう

介護職から異業種に転職する際、アピールポイントとなるのはどこかをまず考えましょう。

アピールポイントは何かを考えることで選考を有利に進めることができますし、アピールポイントから転職しやすい業種や職種を探し出すこともできますからね。

ただ、転職しやすい職種が転職すべき職種とは限らないので、注意が必要です。それに関しては後ほど少しだけ語るとして、今はアピールポイントについて語りましょう。

介護職から異業種に転職する際アピールポイントとなるのは、やはりコミュニケーション能力です。

介護職ほどコミュ力が必要とされる仕事も、なかなか無いでしょう。

相手が求めていることは何かを言外から察知する力や、伝わりやすい言葉遣い・速さで話す力など総合的なコミュ力が、介護職では求められますからね。

特に言外から求めていることを察知する力は、介護職をするうちに自然と身につく大きな武器です。

それは、どんな仕事でも職場でも大きなアドバンテージとなります。

たとえば、営業の仕事において有利です。

これは僕が営業マンだから思うことかもしれませんが、介護職の人は営業職に向いているのではないでしょうか。営業は「言葉にしない相手の思惑や求めている物」を察知する力が、求められます。

求められるものの、それが得意な営業マンは案外少ないです。

得意な人は、その部署のエースになることもあります。

また、営業職と近いところだと販売職も向いているでしょうね。販売職も「如何に察するかの勝負」という側面がありますから、介護職で培った力を存分に発揮できます。

コミュニケーション能力以外でアピールできるところと言えば、体力やシフト勤務に慣れていることでしょうか。

考えてみれば、案外アピールポイントはあるんですよ。介護職から異業種への転職が無理なんて、誰が言ったんだ。

アピールすべきところをアピールすれば、案外転職できるぞ。

介護職ならではの悩みが解決しやすい転職先とは

転職しやすい職種と、転職すべき職種が必ずしも一致するとは限らないと先ほど述べました。それは、どうしてなのか?

介護職の経験や力を活かせる職種は、介護職の悩みを解消できないことがあるからです。

たとえばコミュ力を活かせる職種に転職すると、「人間関係のストレス」が付きまといます。

介護職で対人関係に疲れた・ストレスを感じているという人は、向きません。コミュ力が必要ということは、それだけ人と関わるということですからね。

流石に介護職のように利用者に殴られたり、蹴られたりすることはありません。ただ、暴言を吐かれることは覚悟しておく必要があります。

このように、その能力が必要ということは似た性質がある仕事だからということなんです。

だから、人によっては不満や悩みが解消できないことがあります。アピールポイントと介護職の不満が被ってしまうという人は、そのアピールポイントを使って転職しやすい職種に飛び込むのは少し危険です。

それならどうすればいいのか? それはとても単純。

思い切って、悩みを解消しやすい職種に飛び込んでみればいいだけですよ。

たとえば、対人関係にストレスを感じているなら、ビルメンテナンスや施設警備なんかが良いかもしれませんね。

人と関わることがほとんどありませんし、介護職で培った体力やシフト勤務への耐性を活かすことができます。

シフト勤務も人間関係もストレスという人は、事務職が良いでしょう。職場内の人間関係だけで他の人と関わることはほとんどありませんから、職場の人間関係に恵まれれば楽しく働けます。

過酷な労働環境に不満がある人は、選択肢が広いですよ。介護職以上に労働環境が過酷なところは、なかなかありませんからね。ブラック企業だけ避けるようにすれば、やりたい仕事ができると思います。

アピールポイントから転職しやすい職種を探ることも大切ですが、このようにして「悩みを解消するための職種選び」も大切です。

その両方を同時に考えて、「転職しやすく悩みも解消できる職種や職場」を探すのが理想的ですね。ただ、そう簡単にはいきません。

両方実現できないと感じた場合、悩みや不満の解消を優先させたほうが良いでしょう。

最後にこれだけは言いたい!

介護職から異業種に転職したい、介護職を辞めたいという人に必ずこういうことを言う人がいます。

インターネットで「介護職 辞めたい」と検索しても、必ずこういうタイトルの記事が出る。

「介護職から異業種への転職は難しい」

最後にこれだけは言わせてください。

他人の言う「無理だ」「難しい」に、踊らされるな。

あなたの能力や人柄を必要としてくれる職場は、必ずある。どんな職種でも、自分が「やれる」「やりたい」と思ったものに挑戦してみればいい。

それで悩みが解消して幸せになれる可能性があるなら、最初から「無理」と決めて挑戦しないなんていうのはアホらしいですよ。