百貨店を辞めたい!おすすめ転職先、辞めるべきかの判断基準などを考察

百貨店では、販売員や渉外係、バイヤー、内勤営業など、様々な職種の人が働いていますが、調査をしてみると、どの職種の人も「百貨店ならではの悩み」を抱えていることがわかりました。

そこで、このページでは百貨店を辞めたい人の悩みを紹介しつつ、転職先について考察していきたいと思います。

百貨店を辞めたい理由として多いのは?

休日と生活が不安定になりがち

百貨店は販売業だから、どうしても休日が不安定になりますよね。労働時間も曜日も全部シフトだから、土日に休めるとは限りません。

平日休みはそれはそれで一人遊びしやすいというメリットがあるけど、他の業界で働いている友達との休みは絶望的に合わない。

だから、友達大好きな人は「友達との距離がどんどん離れてつらい」という悩みを抱えています。

家族がいる人も大変ですよね。

接客の気苦労

百貨店は質の高い接客が求められます。ほかの販売業だとOKだったとしても、百貨店だとNGということも多数あるんじゃないでしょうか? 言葉遣いも徹底しないといけないし、常にお客さん第一主義を貫かないといけない。

お客さんが考えていることを先回りしたり、よく来る人の顔と好みの傾向を覚えたりしないと勤まらないという話をよく聞きますよ。

特に接客スキルの高い人が任せられる外商担当なんかは、本当に大変ですよね。数少ないお金持ちを相手にする仕事だから、相手の好みの把握はもちろん、担当する顧客が好きそうなものが入荷したら直接家に伺うこともあるという…。

客からしたら至れり尽くせりだけど、接客する側からしたら大変です。

食事に御呼ばれするなど、仕事以外の関係も増えてきますしね。仕事は仕事となかなか割り切れなくなるのも、辛いところなんじゃないでしょうか。

百貨店の仕事を辞めるべきかどうかを決める判断基準

大変な仕事の代わりに、順当に成長していくと年収が高くなるのが魅力的です。たとえば、三越伊勢丹ホールディングスの平成29年の有価証券報告書を見ると、平均年齢46.4歳の平均年間給与851万円9千772円となっています。

百貨店の仕事を辞めたいと思っても、この年収の魅力があるために食らいつく人も多いんじゃないでしょうか。平均勤続年数は22.4年と決して短いとは言えない数字だし、接客は厳しいし不規則なのも立ち仕事なのも年々辛いけど、その分のお金がもらえるからヨシ!ということですね。

百貨店の仕事を辞めるべきなのかを考えるときには、年収の優先度を判断基準にしましょう。

年収の優先順位が高いなら、転職してより高年収を狙うのは難しく、今の仕事を続けたほうがいいと思います。

ただ、年収よりも休みの規則性や土日休み、休日の多さなどを重視したいのなら、転職したほうがいいと思います。百貨店は年末年始も開いていたりして、どうしても休日が少なくなるし…。まあ伊勢丹は2018年以降正月三が日の休業を検討しているようですが、それが社会全体の流れにはなりにくいでしょう。

百貨店からの転職先、どんな仕事が選択肢になるのか?

一番最初に思い浮かぶのは、販売業でしょうか。

販売業を転職先に選んで良い結果が得られるのは、「接客レベルを落としたい人」「何か特化したいジャンルがある人」。

販売の仕事を続ける限り、不規則な休日や少ない休日という状態からは逃れられません。ただ、百貨店に比べると求められる接客の質は下がる可能性があります。フランクな接客を売りにしているお店もありますからね。

だから、接客レベルを落としたいならオススメ。特化したいジャンルがあれば、専門店という選択肢もありますしね。

もちろん、販売業以外の選択肢もたくさんあります。

例えば、営業職

事務職のようなデスクワークのほうが忙しさは緩和されますが、「人と関わる仕事がしたい」という人にはぴったりな仕事だと思います。百貨店で培ったコミュニケーションスキルも活かせますしね。

他には、企画職やマーケティング職なども向いているかもしれません。

マネジメント力を大いに活かせる仕事です。接客よりも売り場作りが楽しかったとか、顧客の分析が得意だったという人にとっては天職になりうるかもしれません。

このように、考え方次第で転職先の選択肢はたくさん生まれてきます。

広い視野を持っていろいろな転職先候補を検討していきましょう。

-仕事の悩み