電車通勤は、楽しくも辛いぜ。

車通勤をやめて電車通勤にしてやろうかなあと考えている人、多いと思います。僕の周りにも最近、マイカー通勤から電車通勤に切り替えた人がいました。僕は社会人のはじめから今でもずっと電車通勤。

電車通勤歴も長くなってきた僕が、電車通勤のメリット・デメリットを語ります!

電車通勤のメリットを考えてみた!

電車通勤のメリットは、まとめると「運転しなくても良いことのメリット」が多いです。なんだかんだ「乗っているだけで目的地に着く」電車というのは、ありがたい存在なんですよねえ。

座れたら色々なことができるよ

電車に座ることができたとき、人はみな勝者になります。

その瞬間に「勝ったなガハハ」という気分になるんですよねえ。座れたときには、読書ができる! スマホのゲームアプリで遊べる!! Nintendo Switchも遊べる!!! Switchが発売してすぐは、勝ち誇った顔で遊ぶサラリーマン結構いたんですよ。

場所取らないし、座ることさえできれば隣の人に迷惑かけず遊べますからね。

ほかにも、座ることができたら通勤時間を非常に有意義に使えます。

通勤中にニュースをチェックできる

座っても立っていてもスマホくらいは弄れる。というよりも、スマホを弄っていないと痴漢と間違われそうで怖いからスマホをひたすらいじるサラリーマンは多いです。

僕は、通勤中にスマホアプリなどでニュースをチェックしています。経済ニュースからエンタメニュースまでとにかく話題になりそうなニュースを見て、その日の取引先との話題作りや職場でのトークに役立てるんです。

寝れる

座れたら、寝れる…!

超絶眠い朝に「もう少しあと少し眠れたら」と思うのは人間の常だけど、そのときに「少し居眠り」できる贅沢を味わうことができます。帰宅中にも「クソ疲れたなあ」と思いながら、スヤァと眠りの世界に入ることが可能です。

電車通勤に慣れると、「降りる駅になると自動的に目が覚める」というスキルが発動します。

帰りに酒が飲める

「あー飲みたい気分だなー」というのは、突然やってきます。

通勤前から飲みたい気分ということがわかっていれば車通勤の人も、その日だけは電車にするという対策が可能です。ただ、飲みたい気分というのは仕事終わりにそうなることが多いですよね。

「今日は良いことがあった、飲もう!」「今日はクソみたいなことがあった、飲もう!」

そんなとき、電車通勤なら特に何も考えずに飲めます。

ブラック企業勤務時代、終電より少し早く仕事が終わったとき、「中途半端だな」と思って駅前で飲んだことがあるんですよ。駅前だと終電までやっている店も結構あって、その日のストレスを解消してから終電に乗り込み、そのまま眠る!

社畜時代の、週末ルーティンでした。

これがあるから生き残れたのかもしれないと、今になって思います。

疲れていても事故らない

車通勤だと、疲れているときに事故リスクが上がりますよね。

また、疲れているときにも運転しなければならず、余計に疲れます。運転の精神的疲労は、ものすごいですよねえ。電車通勤だと、疲れていても事故のリスクが低いです。少なくとも加害者になることはありません。

電車通勤のデメリットを考えてみた!

電車通勤のメリットをたくさん挙げましたが、実際にはデメリットも多いです。社畜時代も今も電車通勤を続ける僕と、僕の周囲の人間が実際に感じた電車通勤のデメリットを紹介しましょう。

満員のときにストレスがマッハ

満員のとき、バカみたいにストレスが溜まります。

ストレスゲージというのがあるとしたら、満員電車に乗り込んだ瞬間にフルゲージになるほどです。そして走り出して10分くらいすると、ストレスゲージが限界点を超えて発狂寸前になります。

すし詰めというけど、自分が押し寿司になったかのような錯覚を味わうことになるんです。

通勤のとき煙草吸えない

喫煙者の先輩が、言っていました。

「煙草吸えん」と。

その先輩は電車通勤から車通勤に変えた人で、「どうして変えたんですか?」という僕の問いに真っ先にそう答えたんです。「今日一日頑張るぞ」というときに、一服できないのは調子が狂うというのが先輩論だけど、確かに喫煙者的にはそうなのかもしれません。

僕も通勤時、異様にVAPE(電子タバコ)が吸いたくなるときがあります。

帰るときも然り。

気持ちを切り替えたいんだろうね、一服によって。

飲みを断る口実が一つ減る

電車通勤のメリットとして「飲める」と述べましたが、逆にデメリットになるときがあります。たとえば、職場の飲み会など「面倒な飲み」を断るための口実が減るというデメリットです。

車通勤と言えば、「飲ませるわけにいかないし、飲みの席で飲まないのも辛いだろう」ということで華麗に飲みを断れますよね。その手段が使えなくなるというのが、電車通勤のデメリットのひとつではないでしょうか。

帰りに買い物がしづらい

超ある、これは。

たとえば「今日早く仕事終わったから、前から欲しかったものでも買うか」と買い物をしたら、その荷物を抱えて電車に乗らないといけなくなります。最寄り駅に戻って普通にスーパーで買い物をするときにも、歩いてそれを運ばないといけませんよね。

何度かあったのが、「ゲーム機」を買ったときです。

僕はゲーマーだからたまたま仕事が早かったときに、「PS4 Pro」と「PS VR」を買ったり、「Switch」を買ったりしたんですよ。東京の夜の電車という「何時に乗っても人が多い電車」に、大きな荷物を抱えて入るのは忍びなかった。

あと、網の上に置いていても「誰かに盗られないかな」と気が気でなかったですね。

あのときは、車通勤が羨ましかったな…。

結論:どのようにして選べばいいか

通勤・退勤時、どのように過ごしたいかで選べば良いと思います。

車通勤だったら、通勤・退勤時に煙草を吸えるし買い物もしやすいし、大声で歌うこともできますよね。電車通勤は運転しないことで、読書とかゲームとか色々なことができる代わりに、人目につくという制限があります。

自分の趣向的にどちらが合うかで、通勤スタイルを選べば、デメリットよりもメリットの方が大きくなるのではないでしょうか。