電気工事士に興味がある人は多いと思いますが、注意点があります。無資格未経験では電気工事ができないんです!

そこで「資格を取ってから転職する」か「まずは電気工事士の見習いとして転職する」かの選択肢があるわけですが…。

実際に現場に入って先輩から仕事を教わり覚えることで座学に現実味が帯び、資格取得支援を得ることによって、より資格取得がしやすくなるのではないでしょうか。だから、僕は見習いへの転職をオススメしたい!

あなたの現状から電気工事士見習いになるための知識を、紹介したいと思います。

電気工事士の見習いはどんな仕事をするの? 給料は?

電気工事士見習いは、まず先輩に付いて現場に行き、工具・資材・機材を運搬したり渡したりするところから始まります。手術中の医者にメスなどを渡す助手というようなイメージですね。

また、スケジュール表・工事の工程表作成などの事務処理も見習いの仕事のうちです。事務仕事をしながら電気工事士としての考え方や知識などを、ゆっくり学んでいきます。

あとは…その他雑用のすべて。

基本的に先輩の御用聞きとなり、要望に応じてあちらこちらへと動き回ります。

給料は日給6,000~10,000円、年収250~300万円の間。趣味のお金を少しずつ節約すれば、食うに困らない!

電気工事士になれば年収400~500万円、役員は600万円、独立すれば1000万円も夢ではありません。

無資格から電気工事士への転職を目指すうえで知っておくべきポイント3点

無資格未経験から電気工事士への転職を目指すのであれば、知っておくべきポイントが3点あります。そもそも電気工事士の仕事に向いているのか? 資格を取得するにはどうしたらいいのか? などなど、じっくりと見ていきましょう。

ポイント1.電気工事士への転職に有利な人・向いてる人の特徴

  • 学ぶことが好きな人
  • コツコツ地道に努力できる人
  • 几帳面な人
  • 体力がある人
  • 電気・電気工事やそれに近いことに関心がある人

見習いから電気工事の仕事を覚えて資格を取得していくわけだから、学ぶことが好きでコツコツと地道な努力を続けられるということは絶対に必要な素養です。それを証明するために、「大学の受験勉強」や「資格試験の勉強」などコツコツ勉強してきた経験を語ると、転職に有利になるのではないでしょうか。

また、電気工事の仕事は感電などの危険と隣り合わせなので、几帳面なほどに細かく気配りができる人にこそ向いています。見習いの仕事も「先輩の御用聞き」だから、気配り大事ですしね。

そして、一番大事なのは「電気・電気工事やそれに近いことに関心がある」ということです。

この分野の仕事に全く興味がなければ、見習いから成長しようとできないし、長続きしないだろうと考えられるため、企業はこの項目をかなり重視します。

これを証明するには、「昔から電子機器を弄るのが好きだった」「電子工作が好き」「バイクのメンテナンスなどをよくやる」「モノづくりが好き」というようなことをアピールすると効果的です。

ポイント2.電気工事士資格取得支援は必須

電気工事士の資格取得支援を行う会社の求人を探すのは、必須です。

働きながら資格の勉強を行うのは結構大変で、最初の1年は仕事を覚えるのに必死でなかなか試験勉強ができなくなります。そんな状態に置かれている中、資格取得支援を行う会社だと勉強会を開いてくれたり、先輩が真剣に教えてくれたり勉強のサポートをしてくれるんです。

また、実際に資格を取得する際の費用も負担してくれます。

ポイント3.年齢が上がるほど転職は難しくなる

電気工事士は一人前になるのに時間がかかります。

無資格未経験から働き始めるとすると、まず第二種の資格を取得しなければなりません。第二種の資格は受験資格や免状発行条件などが無いため、知識と状況さえ整えばすぐ取得可能です。

ただ、第一種の資格は試験合格後の「免状」を発行するために5年の実務経験が必要となります。

二種は住宅・小規模な店舗の電気設備などのみで、一種は工場・ビル・大型商業施設などの大きな電気設備の工事を行うことができるようになるんです。要は電気工事士として「本当に一人前になるのには5年かかる」と言えるでしょう。

また、電気工事士は結構若手が多いんです。

以上のような状況があるために、若手のほうが有利な傾向があります。

そのため、「俺はもう若くない」という自覚がある人はやる気や経験を活かすなり、「ポイント1」に書いてあるようなことを上手くアピールすることが大切なんです。

また、若い人は転職に有利なので、物おじせずにとにかく早めに転職活動を始めることをオススメします。

転職エージェントを利用して転職を有利にしよう!

ここまで語ってきた内容を踏まえると、無資格未経験から電気工事士になるには、転職エージェントを利用するのが最適な転職対策だと感じました。

まず、自分が電気工事士に向いている人間かどうか、自分の経歴の中にそれをアピールするための材料があるかを分析するとき、転職エージェントのキャリアアドバイザーが客観的な意見をくれます。

また、資格取得支援を行う求人が欲しいと伝えれば、それを満たす求人だけをオススメしてくれるんです。

転職活動が何倍も楽になる! 有利になる!

転職エージェントを効果的に使って、電気工事士への転職を成功させましょう。