守るものが増えると、不自由も増える。それが幸せということだけれど…。

40代妻子持ちの方は、仕事を辞めたいと思っていても行動に移しづらいですよね。年齢からも躊躇しますが、家族持ちは「家族がいる」というだけでなかなか転職には踏み切れません。

僕は結婚もしていないし、若輩者です。

ただ、元社畜であり転職経験者の僕からも言えることがあります。

家族との幸せを思うなら、転職したほうが良いのでは?

40代家族持ちが考えるリスク、それ本当?

妻子持ちや家族持ちが考えがちな「転職リスク」、それ本当でしょうか。

「家庭崩壊や離婚のリスク」

親に「退職を相談」すると言われることが多いのが、家庭崩壊や離婚に関してです。「仕事を辞めたら家庭崩壊もあり得るぞ、離婚も考えての発言か?」とね。僕からしてみれば意味不明です。

ただ、このリスクを考えるのは彼らが団塊世代だからなんですよね。「仕事を辞めることは社会からドロップアウトする行為だ」というイメージが、彼らにはあります。会社員として終身雇用を受けて高度成長期と共に社会人生活を過ごした世代だから、「定年まで同じ会社に尽くすことが良いことである」としているわけです。

古い!

実際、転職しても家庭崩壊や離婚はあり得ません。

もちろん、事前に家族に相談している場合はですよ? 相談も無しに急に「仕事辞めちゃった、これから転職先探さなきゃ」と言ったら、離婚も辞さない態度を取られるでしょうけど。

そんなこと、しませんよね。

また、「周囲の反応が変わる」というリスクも今はあまり無いと思います。

たとえば「あそこの旦那さん、40にもなって仕事辞めたんですって」とか、時代遅れなことはなかなか言われません。

「辞めた」ということは周囲の噂になるかもしれませんが、後ろ指さされるというよりも「ああ辞めたんだ、へえー。ところでね」と流されるという反応の方がリアルです。

転職に反対していた人も、反対していたという事実すら忘れます。なんと無責任な!

そうとも、これが現実って奴ですよ。

もし、今の会社が酷いなら

もし、今の会社がブラック企業だったり、自分に合わなくて大きな負担がかかっているのなら辞めた方が家族のためにもなります。今は「ブラック企業」という言葉や考え方が一般化していて、40代の人の間にも定着しているからこそ「40代になって会社を辞める」ということも多いです。

「やっと気づいた」というわけですよ。

ただ、気づけず働き続けると最悪の場合「うつ病」になるかもしれません。残業が多いなら体を壊してしまう可能性だって高いですよ。失礼かもしれませんが、もう決して若くはないのだから残業ばかり続けていては体を壊すのは必然

結果、家族に大きな心配と迷惑をかけることになります。

40代家族持ちは、仕事を辞めたいと本気で思い詰めたとき、仕事を辞めるべきなんです。

一度退職するかどうするか

転職活動は、働きながらすることもできます。

転職エージェントに登録することによって、仕事中に求人紹介メールが届くようになりますからね。面接日時の設定も代行してくれますし、時間が取れない方向けに「昼休みに面接を行う」という配慮もしてくれます。

僕も転職する際、そうやって働きながら転職しました。

家族や周囲の理解は、働きながらの方が得やすいでしょう。

ただ、一度辞めてからゆっくりと転職活動を進めるのもアリです。40代なら貯えがしっかりしている方が多いと思います。1年以上空白期間を設けると転職の難易度が上がるからオススメしませんが、2週間か1ヶ月くらい休暇を取っても問題はないでしょう。

どうしても「今すぐには体力も気力も追いつかない」という方は、一旦退職して休みながら転職活動をするのも視野に入れることをオススメします。

転職先の選択肢

管理職経験のある方も多いでしょうから、管理職を続けるか平社員に戻るかという選択肢があります。戻るより進むという方には、今以上の仕事や役職にキャリアアップするということも、視野に入れられるでしょう。年収アップも当然考えられますよね。

40代からの転職は難しいと言われていますが、選択肢は案外広いです。

難しいのは「上昇志向が無い人の場合」だと僕は思うんですよ。「戻るより進む」という方の方が、転職は有利です。特に40代に対して会社は「新しい職場に馴染めるかな?」「新しい仕事を覚えられるかな?」などの不安を抱きます。

上昇志向がある人だったら、会社もある程度は安心ですよね。「チャレンジ精神があるから、自ら進んで馴染もうとしてくれるだろう」とか「頑張って覚えてくれるだろう」とか…。

だから、僕としては年収アップやキャリアアップを視野に入れることをオススメします。

管理職や高年収者に特化した転職エージェントもありますし、通常の転職エージェントを利用するとしても年収アップ・キャリアアップは転職エージェントの本懐でもあるため、全力で応援してくれますよ。

「年収が増える」となったら、家族も応援してくれるでしょう。

何より、「夫やお父さんが頑張っている」というのは嬉しいものだと思います。それが子どもの誇りとなり、奥さんの自信にも繋がるんです。

家族持ちだから、妻子持ちだから、40代だからと転職を躊躇うことはありません。

むしろ、40代だから、妻子持ちだから、家族持ちだからこそ仕事や会社を辞めて転職する意味がありますよ。