30代で妻子持ち・家族持ち。今の仕事を辞めたい、転職したいとお考えのあなたへ。

30代は、ある意味人生の転換期と言えるのではないかと僕は思います。人生80年以上と言うけれど、社会人人生としては30代が折り返し一歩手前。

「折り返し地点に立ってからが勝負」という考え方もありますが、「折り返し地点の手前だからこそ」というのもありますよね。

折り返す前に、道は無数に分かれている!

30代妻子持ちだからこそ人生を変えられる

人生を大きく変えるとしたら、今です。

人間として、男として、社会人として…。大きくたくさんの経験をしてきました。妻を持ち子供が生まれ、守りたいものもできた。自分の人生の責任だけを持っていれば良かった時期から、人の人生の責任さえも負わなければならない時期に突入。

人は、多くの苦楽を乗り越え、経験値を積み、「誰かの責任を負う」ほど強くなったからこそ自分自身の道を大きく変えることが出来るのではないでしょうか。

妻や子供の人生に責任を持たないといけないからこそ、自分の人生を考え直す必要があるのでは?

仕事のストレスが家族に悪影響を与えることもあるでしょう。たとえば、仕事に疲れて余裕が無く妻に当たってしまったり、子どもとの時間を持つことが出来なかったり…。残業ばかりの人は、家族と晩御飯すら一緒に食べられません。

「楽しくない」
「仕事を辞めたい、憂鬱だ」
「何のために生きているのか」

仕事が辛いと、今すぐそばにあるはずの幸せすら見えないでしょう。

30代という「経験を積んだ年齢」「折り返し一歩手前の年齢」という時期だからこそ、そして妻子持ちだからこそ転職すべきです!

転職した先の未来のあなたは、目の前にある幸せを実感して、生きる意味を噛みしめながら強く楽しく生きていることができるのではないでしょうか。

仕事を辞めたいと悩んでいるのなら、躊躇う必要はありません。

30代で仕事(会社)を辞めたい!早めの転職がベストな理由、リスクや不安を無くす方法などを解説
仕事(会社)を辞めたい! とは言え30代、果たして転職すべきか。 仕事についていけない […]

「家族の理解」という不安は、一瞬で消える

家族持ちが転職を決意する一番のハードルになっているのは、恐らく「家族の理解」じゃないでしょうか。

僕が思うに、妻子とうまく関係を築けている人ならその不安は必要ありません。

試しに、「僕が転職したいと言ったらどうする?」と聞いてみてください。その反応は、あなたが想像しているよりずっと「好意的」なはずです。

ただ、好意的な反応が得られたからと「もしもの話」で終わりにすることがないように注意してくださいね。

好意的反応が得られたなら、そのまま転職したいという旨を伝えましょう。もちろん、子どもにもしっかりと話を通してください。年齢によっては理解が難しいかもしれませんが、子どもは「自分に話をしてくれた」というだけで嬉しいものです。

逆に、「話してくれなかった」ら悲しくなります。

家族を信頼して、相談してみましょう。

そのとき、もう不安は無いはずです。

転職するまで退職しないことが大切

「どういうこと?」という声が聞こえてきそうですね。

正確には「転職先が決定するまで、退職しない」ということです。

退職してから転職活動を始める人もいます。「一度落ち着きたい」「少し休憩」など、様々な理由があるでしょう。

ただ、僕としては30代妻子持ちの方には働きながらの転職活動をオススメします。

40代の方なら少し休憩してからも良いのかなと思いますが、30代の方は世間一般的に「働き盛りの方」と思われているんです。そういう時期に空白期間を少しでも開けるのは痛いかなと思います。

不思議と、40代になると「休憩期間」と言っても納得してもらいやすいんですけどね。30代だと微妙な反応になります。

社会人として「部下が出来て」「収入も増えて」「責任ある仕事も任せてもらえて」一番充実した時期というイメージが、30代にはあるのでしょう。

だから、転職活動は働きながらがマスト!

働きながら転職活動をする方法

転職エージェントを使いましょう。

無料登録可能なインターネット上のサービスで、登録後にキャリアコンサルタントによるサポートを受けることが可能になります。キャリアコンサルタントは、言わば「仕事やキャリアプランのカウンセラー」、転職のプロです。

彼らの仕事は、「転職者の希望を聞き出すこと」「希望に沿った求人を紹介すること」「給料をアップさせること」「内定までのトータルサポート」などなど…。

転職エージェントを使うことにより、自分が次の仕事や職場に求める条件が満たされた求人の紹介を受けることが可能になるということです。紹介を受けるということなので、自分で探す手間を省くことができます。

もちろん、仕事選びに関しても【30代で妻子持ち】という実状をしっかり理解したうえでアドバイスをしてくれます。

また、内定までのトータルサポートには「面接日程調整代行」「書類添削」「条件交渉」なども含まれるんです。

転職エージェントを使うことによって、忙しく働いていても転職活動を進めやすくなるということですね。

僕も、転職エージェントのサポートを受けてブラック企業で働きながら転職しました。面接もこちらの都合を重視してもらったり、昼休みに対応してくれる企業もあったりしました。

使えば働きながら転職活動できるというよりも、使わないと無理かもしれませんね。

30代妻子持ちの方に僕がオススメしたい職場の条件

転職エージェントを使うことで希望に沿った求人紹介が得られるということでしたが、希望条件ありますか?

自分なりの希望条件がある方も多いと思いますが、「よくわからない」という方のために僕が個人的にオススメしたい職場の特徴を紹介しましょう。

  • 残業が少なく、土日休みが取れる
  • キャリアアップ可能な仕事or職場
  • 福利厚生が充実した職場

残業が少なく土日休みが取れる職場というのは、子どものために重視して欲しい条件です。子どもにとって、両親がともに家にいる時間が多いというのは大切なことですよ。

僕が調べた限りでは、子どもの情緒が安定しやすいそうです。両親が家にいないと、少なからず寂しい思いをさせてしまいますからね。

また、子ども同士の関係にも影響を与えます。両親が土日休みじゃないと出来ないこと、案外多いです。たとえば「お泊り会」「おうちパーティ」なんかは、親がいないと許可できませんよね。

キャリアアップを視野に入れるというのは奥さんのためにオススメしたいことです。

転職活動の前向きな口実になり、奥さんの理解も得やすくなります。そして何よりも、キャリアアップすると待遇が良くなるから家計に嬉しいですよね。

福利厚生の充実度は、あなた自身の心身の健康のために必要な項目です。家族持ちには、自分自身の幸せや健康を考えて欲しいと思ったからオススメに含めました。

大切な人には幸せ&健康でいて欲しいというのは、あなたが妻子に対して思うのと同じく、妻子もまたあなたに思っていることですからね。

以上!

30代妻子持ち・家族持ちだからこそ、人生の転換期として自分と家族のためを思った転職活動をしてみてください。

その方が、仕事を辞めたいと悩んでいる今より家族全員が幸せになれると思いますよ!