仕事を辞めたいと思っている20代妻子持ちの方へ。今なら大丈夫。

20代だから転職しやすいが、妻子持ちだから転職するのに躊躇してしまう。なんだか矛盾を抱えているような感じですよね。

本来なら動きやすく転職もしやすいとされている年齢だけれど、家族がいればそう言っていられなくなります。

ただ、僕は思う。

転機を、逃さない方がいい。

妻子持ち、転機を逃すとどうなるか

家族持ちの男性にとって、転職するというのは大きなイベントです。自分ひとりだと「辞めたい! 辞めてやるー!」と決意しやすいものの、妻子がいるとなると難しい。家族を巻き込むことになりますからね。

ただ、妻子持ちの方は転機を逃すと大変なことになりがちです。

周囲の妻子持ち男やSNS・掲示板などを見ていて思うのが、妻子持ちは転機を逃すと「社畜人生から、一生さよならできなくなる」ということ。今、仕事や会社を辞めたいと思っていたとしても、家族がいるからと躊躇する。

そのまま時が過ぎ…。

30代・40代と年月を重ねれば、転職するエネルギーが徐々に失われていきます。恐らく、今が「辞めたい」という想いの絶頂期なのではないでしょうか。この後、ダラダラ今の仕事を続ければ、そのままダラダラ社畜人生を過ごすことになりかねませんよ?

事実、30代・40代になると20代よりも年齢的に転職の難易度が上がります。

今が、転機。

ここを逃せば、社畜人生のまま。

「さよなら社畜人生」とか言っていられなくなります。

転職したい! けど妻の理解が…そんなあなたへ

妻子持ちだと、「仕事を辞めたい」「転職したい」と言えば反対されるイメージがありますよね。

ただ、実際のところどうなんでしょう。あなたが「良い会社」に勤めていた場合は、反対される可能性が高いと思います。「給料もたくさんもらってるし、休みもあるじゃない、どうして?」と。人から見たら辞める理由が理解しづらいですからね。

じゃあ、あなたが「ブラック企業」に勤めていた場合は?

仕事が忙しい割に給料がそれほど高くもなく、残業が多く休みが少ない…。そんな状況に、あなたがストレスを感じているのと同じくらい、妻子もストレスを感じているはずです。お互いのことを信頼し想い合っている家族ならね。

今の会社や職場が酷いから辞めたいというのなら、妻子の理解は思ったより簡単に得られます。

妻子から見て「良い会社」に見えると思うのなら、「仕事を辞めたい」とは言わないことが大切です。「仕事を辞めたい」から「転職したい」に変えるだけでも、印象はガラリと変わります。

「仕事を辞める=一度無職になる」というイメージがありますからね。

妻子持ちが転職で不利になることはあるの?

20代妻子持ちというステータスが転職でバッドステータスになるか?

答えは「NO」です。

20代という年齢は最も転職がしやすい年代だし、家族持ちがバッドステータスになるとは思えません。僕が思うに、家族持ちをバッドステータスと感じる会社は、ブラック企業の可能性が高いです。

「家族との関係」を理由に、残業を拒まれるのではないか? 長期間の出張を嫌がるのではないか? と考えたらバッドステータスになるでしょう。そんなことを考えるのは「残業が常態化」し、出張を無理にさせるブラック企業くらいのものです。

健全な会社なら、家族との関係に支障が出るほどの残業はさせません。それに、長期出張なら他の独身者に任せればいいだろうという結論に至るでしょう。他にも社員がいるので代えがききますからね。

「代えがきかない」という考えは、ブラック企業思想に他なりません。

だから、ホワイト企業に転職したい人は妻子持ちによって不利になるということは無いでしょう。

むしろ、「責任感がありそう」だからと、管理職に任命されやすいという意見を述べる人も多いです。管理職には独身者より、既婚者の方が選ばれやすいというジンクスがありますからねえ。

結婚と出産は「自分以外の誰かの人生に責任を持つ」ということだから、部下を持ち責任ある立場になる管理職の適性があるとするのは非常に理にかなっています。家族持ちだから不利という理屈より、合理的です。

結婚・出産という人生において大きな経験値を持っていることに、誇りを持ちましょう。

賢い転職方法

20代妻子持ちが転職を躊躇する理由はないということを、力説してきました。

ただ、実際に転職するとなるとどうしていいかわかりませんよね。そこで、僕が賢い転職方法をオススメしましょう。

最初に、転職に対して目的意識を明確に持ってください。たとえば、僕としては「給料」「福利厚生」「残業の少なさ」という三つの項目を重視することをオススメします。どれも、家族持ちの方には大切な労働条件ですよね。

給料は生命線だし、福利厚生の充実度によって働きやすさも暮らしやすさも変わります。残業が多いと家族と関わる時間が減り、あまりよくありません。だから、上記三つの目的意識を持つのが一番賢いと僕は思います。

その後、転職エージェントに登録しましょう。

転職エージェントに登録することによって、自分の目的に合った求人の紹介を受けたり、面接日時の調整を頼むことが出来たり、転職活動に役立つサポートが受けられます。

紹介される求人は、ネットの海に広く公開されている求人よりもブラックなものが少ないです。転職エージェントは「登録するメリット」を高めるため、質の高い求人ほど紹介制の非公開求人にしたがりますからね。

実際、僕も使いましたが、紹介された企業の評価は結構高かったです。

今僕が働いている企業も、紹介されたホワイト企業ですしね。

以上二つが、僕が思う「賢い転職方法」。二つだけかと思ったかもしれませんが、「目的意識」「転職エージェントの利用」が何より大事なんですよ。特に目的意識! これが無いと転職成功はあり得ません。

20代妻子持ちだからこそ、今、しっかり目的意識を持った転換が求められている!

社畜人生を歩むか、家族と一緒に幸せな人生を歩むか、その選択をするのは今だ。