【帰りたい】単身赴任中の孤独感を解消する5つの方法

帰りたい! 帰りたい! あったかい我が家が待っている…。

単身赴任、メンタルやられますよね。僕は家に帰りたいんだと、だけど帰れないんだと孤独な戦いに身を投じるわけです。家族のことが心配になるし、家族と離れて寂しいし、単身赴任中はメンタルをどのように保つかが大切になります。

このページでは、単身赴任の孤独感を解消する方法やメンタルの保ち方を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

ビデオ通話は想像以上に良いぞ

定番中の定番、ビデオ通話。

僕はよく仲間とビデオ通話をしています。高校からの同級生だったり趣味の合う友達だったり相手は様々です。

家飲みをしながら通話することもあれば、ゲームしながら通話することもあるし、ただ互いの生活風景垂れ流しをすることもあります。

家族がいる単身赴任中の人は、これを家族とやればいいんです。ビデオ通話なんてLINEがあれば無料で何時間でもできるんだから、時間を見つけて家族とビデオ通話をしましょう。

会えなくとも、帰れなくとも、顔を見て話せば疑似的に会ったかのような感覚が得られますよ。

家族に会いに行く日を作ろう

帰りたい、家族に会いたい。

それなら…会おう。

単身赴任中まったく家族に会わないという人も中にはいるけど、数回は会いに行った方が良いと思うんですよ。単身赴任中は確かに普段より仕事が忙しくなるから、会うのは難しいんだけど、一か月に一日だけでも会いに行きましょう。

家族に会うだけで、かなり救われるものですよ。

何か好きな商品を予約する

最近はネットをしていれば、自分の興味ある商品の情報がたくさん流れてきます。

あなたが好きなものもあるはずです。

そういう商品を予約して、それを楽しみに単身赴任を乗り切るというのもアリですよね。言ってしまえば単身赴任を頑張る自分への褒美になるわけで、かなり効果的だと思います。

しかし、家族には承知してもらう必要があります。勝手に予約したら怒らせてしまうので、事前に相談しましょう。

「単身赴任が本当に辛くて、もう限界なんだ…。このままだとメンタルがどんどんやられてしまいそうで、乗り切るために必要なことなんだよ…!」と説得しましょう。

単身赴任をどうにかしてポジティブ解釈してみる

単身赴任と聞くと、「寂しい」「悲しい」「辛い」「しんどい」というイメージがありますよね。ただ、中には「単身赴任が幸せ」という人もいます。別に家族と仲が悪いわけではなく、パートナーのことを愛していないわけでもなく、そう思うんです。

どうしてか?

単身赴任をポジティブ解釈しているんですよね。

たとえば、土地の美味しいものを食べることができる喜びを感じているとか、お酒を飲む楽しみを見出しているとかです。

僕の知人が言っていたのは、「東京の給料ベースで、物価が安いところに赴任すると最高だ」ということ。仕送りをしたとしても、自分の小遣いでしっかり遊べるのが楽しいということですね。

「福岡に単身赴任して戻るのが嫌になった」という知人もいますが、その理由は同じでした。

また、これは個人的に思うことなんですが、単身赴任というのはかなり貴重な経験なのではないでしょうか。

普通、人は生活拠点をひとつに絞ります。一生の間に、生活することのできる地域というのは通常かなり限られているんです。単身赴任の短い間だけでも、生活拠点以外の生活を知ることができるというのはものすごく貴重な経験だと言えます。

楽しいことを報告できるようにしよう

ポジティブに捉えるというのと似ているんですが、単身赴任をなるべく楽しむように心がけることから始めてみませんか?

最初は心から楽しめないだろうし、楽しもうとする行為にも無理が生じてきます。ただ、無理にでも楽しもうとすることで少しずつ、単身赴任が楽しくなるんです。たとえば…その土地のことをあまり知らないなら、観光をしてみましょう。

休日に観光してみたり、通勤前に少し散歩をしてみたり、とにかく動くんです。

僕なら、地元民が愛する居酒屋に飲みに行き、地元民と交流することを楽しみにします。

そういう楽しみを作り、それを家族に報告するんです。自分だけが楽しむのは不公平なので、家族にもなるべく自由に楽しんでもらうようにしましょう。互いにそれを報告し合うことで、日々のLINEが単調になるのを防げます。

単身赴任が寂しいのは、LINEが簡素になるからだと思うんですよ。

単身赴任中仕事ばかりすると、報告することはどんどん減ります。最初は違う土地の生活が刺激的だから、「こういう苦労があった」「物価が違うね」なんていう話をするんです。それが2週間も経てば話のネタが無くなり、単調になります。

だから「単身赴任なんてもう嫌だ、限界だ!」となる人が多いんだと僕は思います。

仕事以外の行動を無理にでも起こし、それを家族に報告する。単身赴任中は互いに自由に楽しむという取り決めを家族と作ることで、互いに寂しさを紛らわすことができるわけです。

それだけで、単身赴任中のメンタルケアになります。

その次に効果が大きいのが、単身赴任の終わりを意識することです。単身赴任には必ず終わりがありますよね。その終わりを意識し続けることによって、「なに、すぐ終わるさ」と楽観視できるようになります。

仕事や会社を辞めたい気持ちが少しでもある人へ
ヒサダ

はじめまして。当ブログの管理人ヒサダです。

僕がこのブログに訪れたすべての皆さんに伝えたいこと…

それは、「仕事や会社を辞めたい気持ちが少しでもある人は、すぐに転職活動を始めるべき」ということです。

転職という選択に対して消極的な印象を持っていた僕がそう思うようになったのは、僕自身、転職したことで人生が好転したからです。

  • 転職を決断する勇気が出ない
  • この程度の悩みなら我慢したほうがいいんじゃないか
  • 転職後の自分をイメージできない
  • 辞めることを言い出しにくい
  • 自分の年齢や能力で転職成功できるか不安
  • 他の業種・職種に転職したいけど、どうすればいいかわからない

これは転職を考えている人なら誰しもが感じることだと思います。

でも、一昔前とは違って今は転職支援サービスがとても充実しているので、気軽に質の高い転職活動ができるようになっています。それに、転職活動を始めること自体には何のリスクもありません。むしろ早めに動き出しておくことは、いざというときの備えとしてメリットしかありません。

だから、悩みや不満の大小に関わらず、自分の人生が今より良くなることに希望を持って、自分なりの形で転職活動を始めてほしいです。

僕がおすすめしている転職支援サービスは無料の転職エージェントです。就業相談から求人紹介、採用対策まで、転職活動全般をサポートしてくれるサービスです。僕も実際に利用して転職を成功させました。

そして、数多くある転職エージェントの中で1番おすすめなのはリクルートエージェント。当ブログで150人を対象に行ったアンケート調査で利用率・評価ともに最も高かった転職エージェントです。

アンケート調査の詳細やその他のおすすめ転職エージェントはコチラの記事をご覧ください↓

上記のページでは、転職エージェント利用者の口コミや、転職活動を早めに始めるメリットなども紹介しています。

仕事に対して漠然とした悩みを抱えている人も動き出すきっかけが見つかるかもしれません。ぜひチェックしてみてください!

-雑記・お役立ち