仕事のプレッシャーに耐えられない… 辞めたいほど悩んでいる人の打開策

精神的な圧力に弱い人は、他人から見たらなんてことないようなことでも、大きなプレッシャーを感じてしまいます。

プレッシャーに弱いということを自覚したならなおさら、「うまくやらなきゃ」と気が急いてしまってプレッシャーがより強くなります。

ここぞというとき、プレッシャーの弱さが仇となる。

特に、プレッシャーが弱いと仕事に支障が出る場面が大きいですよね。その結果失敗してしまったり、失敗しないまでも胃が痛くなってしまったりするでしょう。

そんな、プレッシャーの弱さを自覚してしまって「仕事辞めたいな」と思っているあなた!

プレッシャーの弱さを克服したくありませんか?

仕事のプレッシャーを克服するためのアプローチ

自分に完璧さを求めない

プレッシャーを受けないようにする、プレッシャーに弱い自分を克服する第一歩は「自分に完璧さを求めないこと」です。

仕事において小さなミスでも許せなかったりしませんか? 人の小さなミスは許せても、自分のミスになると許せない気持ちになる人もいますよね。

大きな失敗ならともかく、小さなミス程度は許してあげましょう。

誰だって失敗することがあるというのは、当たり前のことですよね。完璧な人間なんていない、人間どこかしら欠点があって、苦手な部分があります。

そこを認めずに完璧さを求めると、常にプレッシャーがかかっている状態になるんです。

仕事だけじゃなく、日常生活すべてにおいてです。

それは流石に辛すぎるので、完璧主義をやめる努力をしてみましょう。

自己評価を優先しよう

他人の評価を気にしすぎると、プレッシャーがかかります。

「ダメだと思われてるんじゃ?」「嫌われているんじゃ?」と、他人からの評価を否定的に考えてしまう人は多いでしょう。

他人の目を気にするというのは、他人に迷惑をかけないためにすることであって、他人が自分に対してどう思っているのかを憶測することであってはいけません。

エスパーじゃない限り、人の真意はわからないんです。

それなら、他人からの評価を気にしたって、仕方がありませんよ。他人からの評価を憶測したって、ネガティブな答えしか出ないんだから。

それよりも、自分の評価を優先させましょう。

自己評価を優先させることで、ネガティブな憶測は全部吹き飛ばすことができます。正当に客観的に自己評価をすれば、ある程度は自信がつくはずです。自信がつけば、他人の目なんて気にならなくなります。

冷静に自己評価をすれば、人から批判された場合には「そこはダメだった。でも、うまくいったところもある」と前向きな考えもできるでしょう。褒められたときには「もっとがんばるべき部分」も見えてくるはずです。

余計なプレッシャーを感じなくて済む、怯えなくて済むだけでなく、自己評価を優先させることは仕事の成果にも良い影響を与えます

単純なミスは減るでしょうし、ミスが減れば仕事も少しは楽しくなるはずです。

だから、他人の評価より、自己評価を優先させましょう。

それだけでも、かなりプレッシャーに強くなれますよ。

プレッシャーを前向きに捉える

仕事には、適度な緊張感が必要です。プレッシャーは否定的に捉えれば「精神的重圧、圧力」ですが、前向きに捉えれば緊張感と言えます。

プレッシャーに弱い自覚がある人は、プレッシャーを緊張感と捉えてみてください。

そして、その緊張感を持って仕事に望みましょう。

そうすれば、自然とプレッシャーに弱い人からプレッシャーを利用する人になれます。プレッシャーを利用するというのは、緊張感を抱いて下準備を丁寧にやることだったり、見直しチェックを怠らないことだったりです。

このようにすると、自然と仕事がうまくいくようになります。

そして、準備を丁寧にし、見直しチェックを怠らないようにすれば不安材料も減るでしょう。仕事を前にしてプレッシャーを感じる人は、これだけでもプレッシャーの弱さからある程度は克服できるはずですよ。

どうしても克服できない場合は「転職」を考えよう

何をどう試してもプレッシャーの弱さを克服できないなら「転職」を考えましょう。

現在、上司が執拗に重圧をかけてくる職場だったり、先輩が厳しすぎる職場で働いている場合、職場を変えるだけで「プレッシャーが辛い」という現状を打開できます。単に、その仕事や職場が自分の肌に合わないという場合もあるんです。

これを機に自分の職場についてじっくり考えてみて、キャリアプランを見直してみるのも良いと思います。

実際に転職活動を始めて、他の職場を見てみるのもおすすめです。転職のきっかけやヒントが見つかるかもしれませんよ。

-仕事の悩み