建設業界は昨今の人材不足という状況の中、「未経験無資格からでもたくさんの人に応募して、良い現場監督に育って欲しい」と考える企業が多いです。

じゃあ自分が! と手を挙げたい気持ちがある人に、未経験から現場監督になるために知っておくべきことをお伝えしましょう。

※現場監督と施工管理の呼び名や定義は会社によって異なります。

※よくある悩みや退職理由を詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考になると思います↓

現場監督の仕事内容はかなり多彩!

  • 工程を管理する
  • 予算算出と発注を行う
  • 各種書類仕事をする
  • 各所への説明会、周辺住民からのクレーム対応をする

現場監督の仕事内容は、大きく分けて上記4つ! 順に見ていきましょう。

工程管理。

工期内に現場を終わらせるためのスケジュール管理、働く作業員への指示と勤怠管理が工程管理の仕事です。工程管理を行うためには、適切な作業時間の算出と天候を考慮した工程の作成・管理が必要になります。

予算算出と発注。

工事にどんな部材がどれくらい必要になるのかを計算し、予算を算出。利益率を考慮し、下請け業者と値段交渉をしながら発注を行う仕事です。

各種書類仕事。

施工計画書・工程管理表・予算管理表・見積依頼書などの書類を作成する仕事です。現場に出て指示を飛ばす仕事のイメージがあるかもしれませんが、事務所での書類仕事もたくさんあるんですよ。

説明会・クレーム対応。

顧客との打ち合わせ・説明会などを取り仕切り、どういった工程でどのような工事を行うのかなどを伝えます。顧客からのクレームももちろん、周辺住民からのクレームにも対応しなければならないため、「誰でもわかりやすく説明する工夫と技術」が必要になるんです。

また、平均年収は500万円前後と高めの水準になっています。

現場監督に「未経験から」転職するための全知識

現場監督に未経験から転職することは可能ですが、しっかりと対策を立てないと厳しいところがあります。未経験から転職するときの疑問と、対策を立てるための知識をまとめて紹介しましょう。

1.現場監督は資格なしでもなれるの?

現場監督の仕事をするのに、資格は不要です。

施工管理技士という資格があるものの、実務経験がないと取得できません。施工管理技士には2級と1級の2段階があるんですが、それぞれの受験資格は「卒業した学校の区分」によって厳しく設定されています。

大学や専門学校で建設関係の指定学科以外を学び卒業した人の場合、2級施工管理技士になるには1年半以上の実務経験が必要です。

1級施工管理技士になるには、4年と半年の実務経験が必要になります。

指定学科を卒業している人の場合は、2級施工管理技士になるまで1年以上、1級施工管理技士になるまで3年以上の実務経験が必要なんです。

資格なし未経験から現場監督になれるけれど、逆に言うと「資格取得が事前にできない分、他に武器を探さないといけない」ということですよね。

2.現場監督に求められるもの、活かせるスキル

  • コミュニケーション能力
  • 調整能力
  • 先を読む思考力
  • マネジメント能力
  • 説明力

以上が現場監督に求められるものであり、現場監督への未経験転職に活かせるスキルです。

それを踏まえて、どの職種から現場監督への転職が有利なのかを考えてみました。

  • 営業職
  • ディレクター
  • 企画職
  • 広告代理店のプランナーやデザイナー
  • 人事
  • リーダー・上司経験者

営業職はコミュニケーション能力と説明力をアピールできますし、IT企業など現場との調整業務があるタイプの営業職なら特に強く経験をアピールできるでしょう。

ディレクターの仕事は、スケジュールおよび各工程の管理が基本であり現場監督と似ているため、有利です。

企画職は需要を分析し「これから売れるもの」を考える思考力と、プレゼンによる説明力とを武器にできます。

広告代理店のプランナーはそこに調整能力とマネジメント能力を追加できるし、デザイナーも各所と関わることがあるから調整能力・コミュ力を足せます。

人事は人材採用や教育などによるマネジメント能力が高いと言えるため、現場のマネジメントが重要な現場監督の仕事に能力を活かせるでしょう。

リーダーや上司といった責任ある立場を経験しているのなら、マネジメント能力のほかにも「説明力」「調整能力」「思考力」など複数の能力をアピールできるため、かなり有利です。

ここで挙げた職種に当てはまらない人も、これまでの人生経験から求められる能力を引っ張ってくれば、面接時のアピールポイントになりますよ。

3.会社選びに失敗するとかなり危険

現場監督は収入が良いという魅力があるんですが、労働時間が長く休みが取りにくいし、精神的プレッシャーも大きいというキツさもあります。

中には残業が100時間を超える会社もあるし、休日出勤の連続で20連勤になるという会社もあるほどです。

建設現場という大変な場所において、スケジュールや人間を管理するという立場上、ある程度大変なことは仕方がないことだと思うんです。それを覚悟して現場監督になるという人が、ほとんどでしょう。

そうだとしても、ブラックな職場に入ると本当に本当に大変なことになります。

新国立競技場の建設現場で、現場監督が失踪した挙句に自殺したというニュースもありました。

そういう最悪の事態を避けるため、会社選びに気を配りましょう。

未経験が転職競争に勝ち抜くための戦術

未経験から現場監督に転職する際の武器として、仕事に必要な能力を自分の経験から引っ張ってくればいいし、仕事に不安があったり資格取得を考えたりしているのなら、教育が充実している会社や資格取得支援がある会社を選べばいい。

しかし、自分ひとりだけの力で自分に合う条件の求人を集めたり比較したりするのは、とても大変なことです。

そこで利用したいのが、転職エージェント。

転職エージェントに登録することで、キャリア支援のプロ「キャリアアドバイザー」が担当者として自分についてくれます。

キャリアアドバイザーに「こういう経験があるんだけど、現場監督への転職に有利なアピールポイントありますかね?」と聞けば、客観的にスキルの掘り下げをしてくれるんです。そこに主観的な意見を足せば、立派な武器になります。

また、「教育が充実しているところがいい」などの条件を伝えると、それに沿った求人を紹介してくれるんですよ。

さらには…転職エージェントが非公開で抱える求人はホワイト企業が多い上に、「こういう企業体質は避けたい」ということを伝えれば、ブラック企業を回避することもできる!

キャリアアドバイザーの援護を受けてガンガン自分を売り込み、未経験から現場監督への転職競争を勝ち抜きましょう。