ドラッグストアは、消費者にとってのオアシス。

でも、辞めたいと思いながら正社員さんが多いのも事実。

薬局・化粧品店・スーパーマーケット三つの機能を持ったハイブリッドなマーケット、それがドラッグストアです。

小学生はスーパーより安いためにお菓子やジュースを買いに来て、女子大生は化粧品を買いに来て、一人暮らしの学生や主婦なんかは安い食品を買いに来る…。

色んな人が、色んな目的でやってきますよね。

消費者からすればオアシスのような場所ですし、端から見ているだけなら色んな目的の客がいる面白い場所です。

でも、そこで社員として働いている人の声を調査してみると、「辞めたくなるのも無理はない!」と思う事実がたくさん見つかりました。

今回は、ドラッグストア正社員のよくある悩みを分析しつつ、おすすめの転職先や転職活動の進め方を考えていきたいと思います。

いろいろな役割を求められるのがキツい

ドラッグストアはハイブリッド的なマーケットだと語りましたが、だからこその大変さというのが正社員にはあるんですよね。

ドラッグストアは薬局・化粧品店・スーパーマーケットの全てを司るため、店員の役割もそれら全ての役割を統合したようなものとなります。

スーパーの店員はスーパーの仕事だけやってればいいんですが、ドラッグストア店員はそれら全ての仕事を担わないといけないんです。だから、数倍大変。

お菓子に食品、化粧品に医薬品…。

商品管理と商品の品出しが本当に大変だし、それら全てを把握していないとお客さんに「この商品どこにありますか?」と質問されたときに対応できません。ドラッグストア店員は、全てをつかさどる全知全能の神にならなきゃいけないんです。

ただ、実際は店員は神様ではないんですけどね。

ドラッグストア特有の社員序列が辛い

ドラッグストアには、正社員やパート・アルバイトの他に薬剤師もいますよね。薬剤師は白衣を着ていて、店員さんはエプロン姿のことが多いので、誰がどんな人かわかりやすいです。ドラッグストアは医薬品を扱う都合上、薬剤師が常駐していなければなりません。

ただ、全ての仕事を薬剤師にやらせるわけにはいかないでしょう。薬剤師は薬剤師の仕事がしたいのであって、スーパーの店員の仕事がしたいわけじゃありませんから。そして、薬剤師は薬剤師ってだけで人件費がかかるから。

だから、正社員として店員がいるわけです。

アルバイトも多いですけどね。

そして、薬剤師と店員との間には絶対的・序列の壁があります

たとえるなら、薬剤師が神様で、店員はその小間使いです。ドラッグストアの店員は、全知全能の小間使いにならなきゃいけないということですね。ドラッグストアにおいては薬剤師が絶対的権力を握っていて、一般社員は逆らえません。

たとえ、その薬剤師が非常勤であったとしても、です。

こういうカースト制度が辛くて辞めたいと思う人は、多いでしょうね。

楽そうで楽でなく、簡単そうで複雑

スーパーの仕事は楽だと言われていますし、実際に働いている人も「仕事内容は、楽だよ」と口を揃えます。

それと似たような感じで、ドラッグストアの仕事が楽そうに見えるんですよね。だって、客が見るドラッグストアの社員は「レジ代打の人」「商品の品だしをする人」「健康食品や化粧品をすすめてくる人」でしかありません。

そのため、なんか単純そうに見えるんですよね。

それで「楽そうだから」と就職して、失敗する人も多いようです。

しかし、実際は結構複雑でしんどい仕事ですよね。ドラッグストアが取り扱うアイテムは1万種類を超えることがほとんどで、商品陳列や広告も「化粧品」「食料品」「日用品」「医薬品」とでは方法やアイデアが変わってきます。

それぞれに最適な陳列やPRをしないと、ダメなんです。

だから複雑。

レジの代打にしてみたって、咄嗟に入るんですよ。ルーティンワークをしてたら、いきなり呼ばれるんです。

今している作業を全部中断して、代打をして、再び元の作業に戻らないといけない。注意が散漫な人は、絶対できませんよね。代打している間に「何してたっけ」と忘れるようなら、ダメですから。

かといって、アンテナは多方向に張り続けないといけません

だから、案外疲れますよね。

ドラックストアの正社員を辞めたくなる理由の多くは

ドラッグストアの正社員を辞めたいと言っている人の多くは、仕事内容に不満があるようです。

仕事内容は単純作業だけど考え出すと複雑で、精神力を使う。店内にカースト制度があって思うように仕事できなかったり、人間関係のストレスが常に付きまとう。

それでいて、拘束時間が長いんです。

給料の金額自体は悪くないんですが、仕事内容と比べると割に合わないような気がしてきます。そこに気づいたら、「辞めたい」が「辞めよう」に変わり始めてくるんじゃないでしょうか。


それなら、もう辞めるしかないじゃないか。

僕が思うに、ドラッグストアの店員を続けられるのは「プライベートを重視しない人」です。拘束時間が長くて休日日数が特別多いわけではなく、給料だけは悪くない。

だから「一日割いてでもやりたい趣味」が無かったり、そこまでプライベートにこだわらない人には良い仕事だと思います。

貯金は貯まりますしね。

ただ、ワークライフバランスを重視したい人には向きません。

「向かない人だな」と思った人は、ワークライフバランスの良い職場に転職しちゃいましょう。

ワークライフバランスを重視できる転職先は?

ワークライフバランスを重視するとき、仕事選びも大事ですが、一番大事なのは職場選びです。

比較的ワークライフバランスが整っている仕事というのはありますが、挙げきれないほど多いと思います。それよりも、プライベートな時間が取れない仕事を避けるほうが楽です。

避けるべき仕事とは?

  • 小売業界全般
  • 流通業界全般
  • メディア関係
  • 飲食関係
  • ITのエンジニア職

以上の仕事は、残業が多い割には給料がそんなに高くはなく、休日が少ない傾向のある仕事です。ドラッグストア含む小売業界全般や、流通業界全般は絶対に避けるべきでしょう。

ドラッグストアからメディアやITに行こうとする人は少ないと思いますが、一応警告しておきます。

これらの仕事を避けるようにすれば、職業として「ワークライフバランス最悪」ということにはならないでしょう。

その上で、比較的残業が少なく給料が適正で休日も取れる「職場」を探してください。

転職先選びは転職エージェントに任せるのが◎

ワークライフバランスを重視している職場を探すのであれば、転職エージェントを活用することをオススメします。

転職エージェントに登録すれば、担当キャリアアドバイザーという頼もしい味方を手に入れることができます。

キャリアアドバイザーによって職場の残業や給料の実態や雰囲気など、求人情報には掲載されていない情報を得ることが可能です。

一人で求人を見ているだけだと職場の実際のところは全然わからないので、職場は選べないんですが、転職エージェントならある程度は職場選びができますよ。

ドラッグストアは飽和状態、未来は暗い?

ドラッグストア業界は成長を続けていますが、そこで働く社員の未来は明るくはありません。

実際、大手ドラッグストアの子会社に対し、親会社の指導が行き届いていない問題があります。それだけでなく、店舗数も増え続けていて現在は飽和状態だと僕は考えているんです。

雨後の竹の子みたいに、増えてますからね、ドラッグストア。

また、ドラッグストア業界は調剤薬局を併設させる動きが活発化してきているように見えます。そうなると正社員の肩身がこれ以上狭くなるのは、目に見えていますよね。

だから、ドラッグストア正社員の未来は明るいとは言えません。

それなら、辞めたいという気持ちに任せて転職したほうが、良いんじゃないでしょうか。