20代は転職して年収が下がるとしても、へこたれる必要はないと思います。

たとえば同じ仕事で転職したとしても、経験豊富な30代と違って年収が大きく上がる可能性は低いわけです。特に20代前半の場合は良くて現状維持というところだと思います。転職して年収が下がるのは、20代のうちなら仕方がない話。

ただ、年収が下がってへこむのも仕方がないことですよね。

だから、20代が転職で年収が下がるケースをまとめながら、僕からポジティブな対策や考え方を紹介したいと思います。

20代が転職して年収が下がるケースをまとめてみた

  • 転職回数が多い
  • 未経験の仕事
  • 全く年収交渉をしなかった
  • 残業時間を減らした
  • 年間休日日数を増やした
  • ボーナスが低い会社に転職した

20代の転職で年収がダウンするケースとして一般的に考えられるものが、上記6パターンです。

まず、よくあるのが転職回数によるケース。SNSなどを見ると30代よりも20代のほうが、転職することに対するハードルが低いように感じます。社会に出る前から、当たり前のようにブラック企業がどうのこうのという話を聞かされている世代ですからね。

どんどん私生活重視になり、そのために転職することはいとわないという傾向になっています。

だからと言って20代のうちから転職を繰り返すと、年収は下がりますよ。転職回数を無意味に重ねることは、転職市場価値を下げるんです。

また、未経験の仕事に挑戦する場合も年収は下がることがあります。これはどんな年代でも共通して言えることですね。

年収の交渉をせず足元を見られる人もいるし、残業時間を減らしたり年間休日日数を増やしたりすることで年収が下がる人もとても多いです。あとはボーナスですね。

以上が20代が転職して年収が下がるケース!

こうして見てみると…ネガティブなケースは少ないように感じます。「こうしたい」という思惑があった結果年収が下がるというのが、20代には多いようですね。

20代には、年収を下げてでも転職すべきときがある!

20代には、年収を下げてでも転職すべきときがあるんだ! 先ほど「転職して年収が下がるというのにネガティブなケースが少ない」と語りましたが、まさにそう。

20代は転職して年収が下がることがプラスになることが多いんです! そう言える理由を、これから説明します。

理由1.スキルを獲得するために

スキルというのは、同じ仕事を続けてばかりいては得られないものが多いです。ドラクエなどRPGをしたことがある人はわかりやすいと思います。ドラクエのスキルは、転職することで幅が広がるんですよね。

もちろんその職業でしか使えない専用スキルもありますが、そうではないものもたくさんあります。それらを引き継ぐことで強くなるわけです。

現実の転職においても、同じことが言えます。

今の仕事でしか使えない専用スキルと、汎用スキルとがあるんですよ。転職をすることにより、他の専用スキルと汎用スキルを得ることができます。それら二つが合わさることにより、キャリアの幅は凄く広がるんです。

たとえば、「ルート営業のみの会社から、マーケティングと営業を兼任できる会社に転職する」としたら、今後は企画関係の仕事もできるようになります。

年収が下がるとしても新たなスキルを得て、既存のスキルと融合させることの価値は大きいです。

理由2.キャリアを変えるなら今!

20代が一番キャリアを変えやすいんですよね。

未経験の仕事に転職したいと思ったとき、30代と20代とでは転職の難易度は大幅に変わります。20代のほうが今後の仕事人生が長いですよね。それはもう果てしないのではないかと思えるくらいの長さがあるから、まだまだほぼ新卒同様にじっくり育てられる余裕がある。

ゆくゆくは幹部候補になってくれるだろうとか、キャリアアップしてどんどん活躍してくれるだろうとか企業も期待できるんです。

だから、20代の今はキャリアチェンジをしやすい。

何かやりたいことがある人は、年収が下がるのを躊躇せずに転職すべきだ!

理由3.生涯年収で考えてみればプラスになることが多い

一時の年収よりも、生涯年収で考えるというポジティブシンキングをしましょう。特に20代のうちはまだまだ生活水準などもそう高くはないと思います。20代から30代並に遊び歩くような人も今時は稀だろうしね。

そもそも20代から年収が大幅ダウンすることは稀です。年収が下がって生活ができないということにはならないと思います。

長期的に働くことを考えるなら、転職をするとプラスになることが多いんです。

たとえばスキルを獲得するというのもそうですよね。転職しなければ得られなかったスキルを使い、新たなキャリアステージが開けます。結果的に30代後半や40代になるころには地位も年収も、転職を経験しなかった場合より上がるわけです。

キャリアチェンジする人も、自分がやりたい分野・向いてる分野の仕事をすることで今より活躍できるのではないでしょうか。

生涯年収を考えたとき、20代のうちの転職は「考えなしでした場合を除き」プラスになります。

理由4.年収の代わりに時間を勝ち取ることができる

ブラック企業に搾取されている人は多いと思います。

そう、以前の僕がそうだった…! 残業に残業を重ね、心は荒み、生活に余裕が無くなり、何も考えられない状態に突入しかけていました。ホワイト企業に転職を果たした今、思うことがあります。

20代の時間というのは、今後の人生においてものすごく重要なのかもしれないと。

20代は知識と技術の吸収力が30代に比べて高いと言われています。そのため、何かを学ぶのには最適な年代なんです。社会に出て間もないということもあり、この時間をどのように過ごすかが今後の社会人人生を左右すると言っても過言ではないと思います。

残業を減らすなどの目的で転職することにより年収が下がるとしても、得た時間の価値のほうが大きいのではないでしょうか。

20代が転職で考えるべきなのはキャリアと、労働条件だ

20代が転職で考えるべきなのは、年収よりもキャリアと労働条件です。

新たなスキル獲得によるキャリアアップと新たなキャリアステージの開拓、キャリアチェンジしてやりたいことや向いてることをする。「こうありたい」「こうしたい」というのをベースに、今後のキャリアを考えましょう。

キャリアをしっかり設計して、そのために転職するんです! そうしたら年収が下がることがマイナス要素にはなりません。

また、20代の貴重な時間を企業に食いつぶされないようにすることも大事。今とてつもなくストレスが溜まっていたり、サービス残業が多かったりするのなら転職しよう。

年収よりも今は時間のほうが大事だ。

この記事の中で、「無意味に転職をするとダメ」というようなことを何度か述べていたと思います。キャリアと労働条件を考えることにより、転職に意味が生まれるという意味も、僕のこの主張には含まれているんです。

キャリアと労働条件に目を向け、年収に固執しすぎるな…!

そうして得た「こうしたい」という思惑の先に年収が下がるという結果が待っているとしても、後悔はしないと僕は断言します。