転職エージェントってどんなサービス?使うメリットは?経験者が徹底解説!

転職エージェントのサービス内容とメリット

僕はこのブログの中で、「会社を辞めたいと思っている人」「転職しようかな思っている人」に転職エージェントの活用をおすすめしています。

この記事では、実際に転職エージェントを使った僕なりの視点で、転職エージェントのサービス内容やメリットを紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてください!

転職エージェントの概要とシステム

転職エージェントは、転職希望者と求人を出している企業とを繋ぐ仲介業者です。

現在転職エージェントのサービスを提供している会社は、厚生労働省からの正式な許可を得て活動しています。というのも、転職エージェントの事業には許可が必要なんですよね。

厚生労働省の許可を得ているから、決して胡散臭いものではありません。

ちなみに、僕の一押し転職エージェントであるリクルートエージェントは、厚生労働大臣許可番号が【13-ユ-010258】です。

その他のおすすめ転職エージェントはコチラの記事で紹介しています↓

転職エージェントおすすめ一覧

劣悪企業からの脱出を図った僕をガッカリさせなかった転職エージェント【おすすめ一覧】

僕は、転職エージェントを10社くらい使いました。 使いすぎだろうと言われそうですが、確かに普通10社 ...

続きを見る

ただ、転職エージェントは利用が無料なんですが、「どうして無料なのか」疑問ですよね。厚生労働省の許可を得ているとはいえ、一般企業が提供しているサービスなのだから、利益を生まないといけません。

そこに胡散臭さを感じる人もいるでしょう。

転職エージェントは、求人広告を掲載することに料金を設けています。利益は、求人先企業から得ているわけです。そのため、転職者は無料で利用することができます。

要は、転職エージェントというのは「求人広告を有料で預かる代わりに、あなたの会社に合った人材を紹介しますよー」という、人材紹介会社なわけです。

転職エージェントはどうやって利用するの?

利用方法は簡単!

登録したい転職エージェントのトップページから、「登録」ボタンをクリックして必要事項を入力するだけです。

必要事項というのは、名前とか住所とか年齢とか職歴とかスキルとか…。求人紹介・人材紹介に必要な最低限の情報ですね。

求人を見るだけならこれでOK。

本格的に転職活動を始めたり、キャリア相談をする場合は、登録後に電話・メールまたは直接アドバイザーと会って面談し、ヒアリングを行うという流れになります。

転職エージェントのサービス内容とそのメリット

転職や仕事の相談ができる

転職エージェントのサービスのひとつが就業相談です。

たとえば、「今の仕事を辞めるべきか迷っている」「どんな仕事に転職したらいいかわからない」「転職したいけど自信がない」など、就業に関するどんな相談にものってもらえます。

相談相手は就業支援のプロ、キャリアアドバイザー。専門家だから、利用者の状況・希望に応じて的確な意見をくれます。転職すべき仕事も、転職すべき時期も、今後のキャリアプランも。

転職をするなら自分に合った仕事・職場がどんなものかわかるし、転職しないとしてもキャリアプランの見直しになるのが転職エージェントを利用するメリットのひとつというわけです。

求人検索機能を使って求人を探せる

転職エージェントの各公式サイトでは、求人検索機能を使って自由に求人を探すことができます。

年収や地域、職種、業種など、様々な条件で求人を絞り込むことができるのでとても便利。

また、検索機能に関しては登録前から使うことができます。転職エージェントにどのような求人があるのか、その一部を登録前にチェックしておいて気に入るものがあれば登録するという使い方も出来るわけですね。

ただし、この方法では「公開求人」だけしか見ることができないので注意が必要です。それについては次章で解説します。

「非公開求人=優良求人」を紹介してもらえる

求人検索機能もありますが、登録前に見られるのは「公開求人」だけです。

転職エージェントには、一般公開されていない非公開求人もあります。どちらかといえば、非公開求人の方が質が高いものが多く、穴場的な求人も多いんです。

そういった非公開求人は、登録後にキャリアアドバイザーからの直接紹介してもらうことが可能になります。

求人紹介はメールで届くから邪魔にならないし、仕事をしながらたまにメールチェックするだけで質の高い求人が得られるわけです。

もちろん、アドバイザーとは電話でやり取りすることも可能ですし、相談窓口に出向いて直接対話することもできます。

求人ごとの情報量が豊富

転職エージェントは、求人を出している企業に関する情報収集に力を入れています。

「残業時間」「残業代が支払われているか」「会社の雰囲気」「定着率」「昇進の傾向」「年齢層」「未経験者の受け入れ体制」など、求人票だけではわからないような濃い内容も知ることができます。

こういった情報を元に、求人を選んだりマッチングしてもらえるので、入職後のミスマッチを最大限に防ぐことができます。

応募書類の添削をしてもらえる

求人に応募するとなると煩わしいのが書類ですよね。履歴書とか、職務経歴書とか、初めての転職だと何をどう書けばいいかわからない人が多いと思います。僕自身も結構迷いました。

「どの書き方が正解?」「どうやってアピールすればいいんだ?」

そうやって悩んでいたんですが、担当のアドバイザーに相談することですべて解決しました。応募書類に何を書けばいいかの相談もできるし、完成した応募書類の添削もしてもらうこともできます。

実際、添削で指摘された箇所には「え、それダメなの!?」というところが結構ありました。添削をしてもらわなかったらどうなっていたかと考えると、少し怖いですね。

面接対策をしてもらえる

面接は正解が見えにくいですよね。セオリーや基本みたいなものはあるけど、会社によって質問内容は変わるし、会社ごとに好印象な受け答えも変わります。だから、面接は対策をするのが本当に難しいんです。

でも、転職エージェントは面接対策もサポート内容に含まれているので安心です。

面接の基本やセオリーはもちろん、会社ごとの面接の傾向を捉えて的確なアドバイスをしてもらえます。

求人によっては過去にその会社の面接で実際に質問された内容を教えてもらえる可能性もあります。

さらに、希望すればアドバイザーによる面接の予行演習もしてもらえるので、不安がある人はどんどん活用していきたいですね。

面接の日時調整もすべておまかせ

面接って日時調整の段階からめんどくさいですよね。

新卒のときを思い浮かべてみてください。あんな苦行、もうやりたくないじゃないですか。

でも、転職エージェントを使えば面接の日時調整をすべてアドバイザーが代行してくれます。

プロがしっかりと調整してくれるからか、無茶かな?という要求も通りやすいです。

たとえば、「現在仕事中なので昼休みしか時間取れなくて…」という人は、平日昼の面接で調整してもらえたりします。昼休憩面接が実現するかどうかは相手の企業にもよりますが、少なくとも個人が交渉するよりも、圧倒的に自分の都合を通しやすいということです。

給与交渉をしてもらえる

「ベストに近い求人なんだけど、もう少し給料が高ければ…」というケース、転職活動をしているとよくあります。

そういう本音はキャリアアドバイザーが代わりにぶつけてくれます。

給与交渉も個人で行うよりプロに任せた方が圧倒的に通りやすいです。

それに、個人だと…そもそも給与交渉をする勇気すらありません。僕にはとてもできないです。

転職後のアフターフォロー

転職後に「職場に馴染めない」「契約内容と違う」などの問題が発生した際も、アドバイザーに相談することができます。

お世話になることが無いのが一番かもしれませんが、もし何かあったときに相談できる相手がいるというだけで心強いですよね。

転職エージェントのメリットまとめ

これまで語ってきた転職エージェントのサービス・サポート内容を総合すると、転職エージェントのメリットは以下の点になります。

  • 無料で質の高い求人が得られる
  • 働きながら転職活動がしやすい
  • 転職や仕事の相談ができる
  • 採用率が上がる
  • 面倒な交渉事を代行してもらえる
  • アフターフォローもあるから安心

このような様々なメリットがありますが、「転職エージェントを使うことで得られる最大のメリットは何か?」と問われたら、僕は「頼もしさ」と答えます。

転職って未知なことが多すぎて、一人だとめちゃめちゃ心細いじゃないですか。ラスボスに一人で挑む主人公なんて、初代ドラクエの主人公くらいのものです。

転職のプロを味方につけて転職活動に挑めるのが、転職エージェントの最大のメリットだと思います。

転職エージェントをしっかり活用して、転職活動をより簡単に、そして、より良いものにしてやりましょう!

とりあえず、転職の可能性が1%でもある人は、定番のリクルートエージェントだけでも、登録を済ませておくことをおすすめします。

登録するタイミングについては、「早いほうがいい」です。

理由はこちらの記事で解説しています↓

会社を辞めたい人へ

仕事にツラさや不満を少しでも感じるなら、"今すぐに"転職エージェントに登録するべき。その理由は?

少しでも「仕事を辞めたいなあ」とか「今の会社に居続けるのは辛いなあ」とか「転職するかもしれないなあ」 ...

続きを見る

その他のおすすめ転職エージェントはこちらの記事で↓

転職エージェントおすすめ一覧

劣悪企業からの脱出を図った僕をガッカリさせなかった転職エージェント【おすすめ一覧】

僕は、転職エージェントを10社くらい使いました。 使いすぎだろうと言われそうですが、確かに普通10社 ...

続きを見る

-転職活動