迷う、迷うなあ…。

仕事を辞めたいけど、辞めるかどうか迷う!

転職は、人生の大きな選択。だから、迷うのも当たり前。全く何の迷いもなしに辞める人の方が、少数派だと思うんですよ。

迷わず辞められるのは、自分の中にある確信を信じて突き進むことのできるような、芯が強く自分がやるべきことが分かっている人くらいでしょう。

そう、今が大きな転換期!

迷うのなら、大いに迷いましょう。ただ、迷いから抜け出せるよう、よくある迷いポイントをピックアップしてみたいと思います。

自分が何をしたいのか、わからない

今の会社や仕事に対して不満があって辞めたいが、自分が何をしたいのかがわからないということで悩む人は多いです。「職を変えたい」「会社を変えたい」というよりも、「今の仕事(会社)」を辞めたいという気持ちが大きく膨らみ先行している状態なんですよね。

だから、立ち止まって考えてみると「転職したってやりたいことないよなあ」と悩んでしまうわけです。

ただ、僕としては「わからなくてもいい」と思います。

日本の社会は、小さな頃から「自分の生きる道」「自分の中の確信」を作ることを求めてきますよね。自分の中の確信を信じて突き進む人は魅力的に見えるし、そう教育すること自体は間違ってはないんです。

だけど、それは「自分が何をしたいか、何をすべきかわかっている人はより魅力的」という話なだけで、「わかっていなければならない」ということはないんですよ。

僕は、私生活のために仕事をしています。ある程度「仕事は仕事」と割り切って、やりたいことはプライベートでやっているんです。そういうドライな考え方をしても、仕事には何も悪影響がありません。

むしろ、やりたい事と仕事を分けていることで、どちらも真剣に取り組むことが出来ていると思っています。

だから、仕事に関してやりたいことがわかっていなくても良いんです。趣味があれば、金の使い道があれば、人はそれらのために仕事をも面白く楽しく真剣にすることができます。

それもあるし、とにかく今は「やりたいこと」があるじゃないですか。

仕事を辞めたい、転職したい、その気持ちを何より大切にしてください。

長く勤めると、迷う

どれだけ待遇が悪い会社だとしても、居心地が悪くても、辞めたい理由があったとしても…。同じ会社に長く勤めていると、いざ「辞めよう」と思ったとき迷いが出ます。それは当たり前のことなんですけど、勘違いしないで欲しいことがあるんです。

迷うのは、愛着のためではない。

「あれ、酷い環境だったけど長い間勤めたから愛着がわいたのかな?」と、思わずホロリとしてしまう人が多いんだけど、違いますよ。自分が一番わかっているはずです。今の仕事・会社に対して、愛着がわかないことは。

長く勤めた仕事や会社を辞めることを迷う理由は、次への不安。

長い間同じ環境にいたんだから、そこから離れるとなると不安になるのが当たり前です。

たとえば、酷い彼女だとしても長年付き合っていると別れるとき迷いが出るし、同じ椅子に長い間座っていると立つのが面倒になるし、布団から出るのは面倒だし…。そういうことなんですよ、結局は。

だから、思い切って辞めてしまいましょう。

今の足場を崩すわけじゃない。今の足場から橋をかけて、次の足場まで歩くだけです。何も難しいことじゃない、安心して橋を渡ってください。

年齢も迷う要素になるよねえ

20代前半よりも20代後半の方が迷うし、20代後半より30代の方が迷う。その迷いは、年齢を重ねるとともに大きくなります。若ければ失敗しても再チャレンジできるけど、若くないと再チャレンジは難しいだろうというイメージがありますからね。

迷うのも当然です。

再チャレンジが難しい?

何を失敗する前提で語っているんですか。転職は博打じゃないんですよ? 博打だと考える人は多いけど、実際は「戦略を立てて確実に勝利を掴み取るストラテジーゲーム」のようなものです。

戦略を立てさえすれば、勝てる。

だから、迷う必要はありません。

俺には、守るべきものがある!

妻子持ち、家族持ちの人はそれだけで迷う理由になりますよねえ。自分だけに影響があるのならいいけど、自分の妻子にも少なからず影響を与えます。微々たる変化かもしれないけど、生活は確実に変わりますからね。成功しても、失敗してもそれは同じです。

失敗したら、悪影響も大きい。

ただ、成功すると良い影響も大きいんですよ。

給料がアップするだろうし、休日が多くなるだろうし、有休が取りやすくなって家族で出かけやすくもなるだろうし…。守るべきものがあるからこそ、転職するべきという考え方もできませんか?

今の仕事や職場にいて、辛い思いをするよりも、転職して活き活きと働いた方が家族も安心すると思いますよ。

戦略を立て、橋を安全に渡ろう

結局は、迷いを解消するには「戦略を立てて安全に橋を渡れるようにする」のが一番なんですよね。転職は戦略次第で成功率がどんどん上がり、確実に良い方向に自分の人生を進めることができます。

戦略を立てると言うと堅苦しいし、なんだか小難しい気がするけれど、実際はそんな大それたものではないんですよ。

僕の場合は、転職エージェントを利用して「事あるごとに相談する」ことによって転職を成功に近づけました。

転職エージェントに登録すると、キャリアコンサルタントにあらゆる相談をすることができるようになります。彼らは転職のプロだから、僕らの迷いも不安も期待も全部理解してくれるんですよ。

理解した上で、客観的な分析と判断によるアドバイスをしてくれます。

また、戦略も彼らの中にあるんです。彼らのアドバイスは結構順序立ててしてくれていて、最初から戦略を立てて段階ごとに色々な話をしてくれます。要は、転職のプロが考えた戦略を実行する方向に、僕らは知らず知らずのうちに誘導されているんですよ。

自分から戦略を立ててキャリアコンサルタントに相談するのもアリだけど、転職エージェントに登録するだけでそれ自体が戦略となり得る。

だから、仕事を辞めたいけど迷うという人には転職エージェントの利用をオススメします。

利用するにしても、しないにしても、戦略を立てて迷いなんか吹き飛ばしてやりましょう!