人生において大事なことが三つある。

己を信じること、食べること、そして…寝ることだ。

悲しいことがあるときにはたくさん食べて寝るに限るし、疲れたときにもたくさん食べて寝るに限ると僕は思います。

日々仕事に疲れ、肩や腰を痛めながら働く社畜に大切なのは、とにもかくにも睡眠だ!睡眠の充実こそが仕事をイージーモードに近づけるためのカギになる!

睡眠時間に限りがある社畜に大事なのは、睡眠の質だ

社畜には睡眠が大事だ!

しかし、社畜には時間が足りません。時間に追われるように仕事を追い続けるからこそ社畜と自分を呼ぶのであり、睡眠が大切だと言われても「たくさん眠るなんて不可能だ!」と言いたくなるのが社畜の性ですよね。

睡眠を大事にすることは、なにもたくさん眠ることだけじゃないんです。

アインシュタインは10時間眠るロングスリーパーだったが、ナポレオンは1日に3時間くらいしか睡眠をとらないショートスリーパーだった。じゃあナポレオンは睡眠を大切にしていなかったのか? というと、そういうわけではないと思います。

睡眠に大事なのは、質です。

質が低ければ10時間眠ったところで良い効果は得られないし、質が高ければ睡眠時間が短くとも高い睡眠効果が得られます。

質を高めるには、寝具が大事! これからめくるめく寝具の世界にあなたを誘いましょう。

寝具は選び方が大切!

オススメ寝具を語る…。

しかし、寝具というのは商品自体が大事なのではなく、自分に合う商品を選ぶことが大事なんです。寝具というと多くの人がマットレスト枕を想像すると思いますが、マットレスにもたくさんの種類があります。

高反発と低反発に分かれ、そこからまた「ボンネルコイル」「ポケットコイル」「エアー」「フォーム」「パーム」など細かく分かれるんです。素材によっても微妙に寝心地が変わります。

一番大事なのは、マットレスの選び方です。

ボンネルコイルスプリングタイプのものは、寝心地がやや固めになります。ポケットコイルスプリングは寝心地がやわらかく、エアーやフォームなどはコイルがありません。

エアーマットレスは空気を使うもので簡易ベッドとしては役立ちますが、毎日使うには辛いです。フォームマットレスは高反発・低反発両方があり、体に痛みがある人には人気のタイプとなっています。

パームマットレスは、ヤシの木を使ったマットレスで高反発タイプです。体操マットみたいな寝心地なので少し体が痛むかもしれません。

以上を踏まえて、僕が社畜に広くオススメしたいマットレスの種類があります。

ポケットコイルのマットレスがオススメ

社畜に広くオススメしたいのは、ポケットコイルのマットレスです。

まず、社畜は総じて低反発より高反発のほうが合うと僕は感じています。高反発は腰・肩・首に負担がかかりにくいんです。低反発だと沈み込みが激しく負担がかかり、高反発は直立しているような体制で眠ることができるため、間接への負担が少ないんですよ。

腰痛・肩こりなどに悩まされる人は、高反発マットレスがオススメなんです。体重が重い人も、同じ理由から高反発を選ぶと幸せになれます。

特に、ポケットコイルというのは複数のコイルが点で体重を支えてくれる構造になっているために、耐圧分散がされやすくなるんです。大柄な男性や体重がある人にとって、とても寝心地が良い構造と言えます。

ポケットコイルタイプで人気なのは、13層やすらぎマットレスという商品です。僕は使ったことがありませんが、色々な人がオススメしてくれます。

個人的にはもう少し低価格なほうが良いので、「ポケットコイルマットレスBB101P EN101P」がオススメですね。さまざまなネットショップで取り扱っており、楽天市場で1万円以下で買うことができます。

誰にでも合うように作られているような寝具は高いから、こういう低価格なものから自分に合う構造の物を選ぶことで、価格を抑えながら睡眠の質を高めましょう!

枕だけはオーダーが良い

枕は非常に、選ぶのが難しいです。

個人の体型・寝るときの姿勢・体重・首の形や長さなど、さまざまなものから選ばないといけません。枕だけは巷で人気の商品を買うよりも、オススメされた品を買うよりも、オーダーが良いと思います。

マットレスはコスパを考えてケチっても良いけど、枕だけはケチってはいけません。

オーダー枕は結構たくさんの店舗が、最近はあります。価格も安ければ1万円程度で作れるし、高くても2万円から3万円程度です。もちろん使う素材によっては高くなりますが、重視すべきは素材よりも構造。

形・大きさなどを自分に合わせるというのは基本料金なので、あまり欲張らなければ比較的安価にオーダー枕を作ることができます。

僕が一時期、アイルー(モンスターハンターというゲームのキャラクター)のクッションを枕がわりにしていました。

しかし、合わなかったため起きたあと結構疲れが残っていたんですよね。友人に相談したところ「お前それ枕ですらないだろ。オーダー枕作れば?」と言われ、作ってみたらその日から熟睡…!

圧倒的睡眠の快楽に、引き込まれました。

枕の合う・合わないによって、睡眠の世界は180度変わります。

抱き枕の重要性を語りたい! オススメの抱き枕は?

マットレスと枕選びを重視するだけでも、眠りの世界は変わります。

ただ、余裕があれば抱き枕も使ってみてください。特に「横を向いて眠る人」にとって、抱き枕というのはハグによる癒し効果以上の効果が得られます。

抱き枕の形にもよるんですが、探せば「横向きで眠る姿勢をサポートする抱き枕」があるんです。そういう抱き枕はかわいいデザインではないものの、寝る姿勢がグンッと楽になるように作られています。

デザイン性を求めるか機能性を求めるかは、あなた次第です。

僕はサポートにも使えてデザインも良い抱き枕を探し、細長いサメの抱き枕にたどり着きました。足にしっぽを挟み、胴体を抱きかかえ、横向き就寝のサポートになるしサメはかわいい! 誰が何と言おうとサメはかわいい…。

マットレス・枕・抱き枕。

ここまでこだわったら、どんな社畜でも体力を毎日しっかり回復できますよ!