高収入の男性と出会いたいけど、社会に出ると仕事以外の出会いが少ないんですよね…。

出会いの場とされているところには高収入男性はあまりいませんし、高収入男性と出会いたいなら職場で出会うのが一番効果的なのかもしれません。

その考えに至った人全員に、「高収入の男性に出会いやすい業界」と「転職活動のポイント」を紹介しましょう。

高収入な業界を狙おう!

世の中には残酷なことに高収入な業界と低収入な業界とがあります。高収入な業界の仕事を目指さなければ、職場で高収入な男性に出会うのは無理な話です。そこで、これから転職できる可能性がある平均年収が高い業界をいくつか紹介します。

1.保険・金融・不動産

保険・金融・不動産業界は年収が高い業界として知名度が高いです。保険商品や金融商品・不動産というのは大きな金額が動きます。一件契約を成立させるだけでも大きな利益になるということで、その分社員へのリターンもまた大きいんです。

特に営業職は会社の利益を運ぶ働きバチなので、当然リターンが大きく分配されます。ノルマを安定的に達成できるような男性は、かなりの高年収を得ていることでしょう。

年収1000万円以上も十分あり得ます。

事務系の仕事を狙って転職すると、営業のサポートをすることで出会いも増えるのではないでしょうか。敢えて営業職やカウンター販売などを目指して直接関わるというのもアリだと思います。

2.大手自動車メーカー

自動車メーカーは20代のうちは給料が低いものの、30歳を超えた時点で年収600万円があり得る業界です。経験を積んで能力を得たころに、しっかり年収が高くなり努力が反映されるということ。

特に大手自動車メーカーの総合職ともなれば、30代中盤には年収800万円から1000万円前後になることもあります。

ただし、街中のディーラー勤務となると年収はそれほど高くはありません。ノルマをコンスタントに達成できれば別ですが、平均だと300~400万円程度のものです。転職ハードルは高いですが、事務系総合職を目指すと高収入男性に出会いやすくなります。

まあ、事務系総合職は幹部候補採用となるためかなり難しく、転職市場にほとんど求人が出回らないので…。

とりあえずディーラーの受付や事務になっておいて人脈を広げ、社内の有望な人材に出会うという回りくどい方法をとることも考えた方が良いかもしれませんね。

3.総合商社・専門商社

総合商社の年収は、1000万円を超えるケースが多いです。30代の時点で年収1000万円というすさまじい世界なんですよねえ…。

その理由は「すげえ儲かってるから」「事業投資するビジネスモデルだから大金を内部で抱え込む必要がなく、株主や社員に還元しているから」など、多数あります。あとは、仕事の難易度がものすごく高いため高い給料を払う価値があるということでもあるんです。

専門商社はそれに比べるとかなり平均年収が落ちますが、それでも600万円以上はあります。十分高収入ですよね。

商社で高収入な男性と出会うのなら、事務職として転職すると良いでしょう。バリバリ働く男性のサポート的な役回りの仕事が多く、出会いの機会は多いと思います。

高収入男性と出会いやすい職場に転職するときに意識するべきポイント

高収入男性と出会いやすい職場に転職するときには、大切なポイントがいくつかあります。それを意識しながら転職をすることによって、高収入男性とかなり出会いやすくなりますよ!

1.ある程度の努力は必要

高収入男性と出会うのなら、ある程度の努力は必要です。

僕が紹介した高収入男性と出会いやすい業界は、どれも「転職先に選ぶのが簡単ではない業界」ばかりなんですよ。専門職以外の仕事も多いから転職自体は可能だけど、難しいことに変わりありません。

事務職だったら…と思うかもしれませんが、保険・金融・不動産・商社の事務職は事務職の中でも特に難しい仕事をしています。

たとえば商社なら英語力が必要とされるし、貿易をしているなら貿易関係の知識も必要です。

商社は昔と違って物を扱うというよりも事業投資的な仕事を行っているため、ビジネスに関する知識も求められます。求められるものは男女関係なく多いし、職種関係なく多いんですよ。

努力なしでは高収入男性と出会えません! 断言します。

仮に万が一で会えたとしても、努力をしたがらない人は見向きもされないでしょう。高収入な彼らは人の何倍も努力して、今の年収を確率し維持しているのだから。

それだけは忘れちゃいけないことだと僕は思います。

2.職場以外の出会いも増やすのが効果的

職場に高収入男性との出会いを求めるのはもちろんですが、職場以外の出会いも増やすとさらに効果的です。

出会いというのは数の多さが明暗を分けます。出会いの分母が多ければ多いほど高収入男性と付き合えたり結婚できたりする可能性は高くなり、少なければ少ないほどその可能性は絶望的に低くなるんです。

職場の外だけでも少なくなるし、職場の中だけでも少なくなる。

だから高収入男性が多い業界に転職したうえで、職場以外でも出会いを増やしましょう。

しかし、高収入男性ほど恋愛に消極的になります。仕事が忙しく恋愛をしている余裕がなかなかなく、ザ・出会いの場のような場所にはあまり現れません。合コン・街コン・結婚相談所は効果的だと言えないわけです。

じゃあどうすればいいの? というと…。

人が集まる趣味を始めたり、社会人向けセミナーに参加したりすれば良い!

ハイスペックな男性は趣味も仕事と同じくらい大切にすることが多く、出会いの場に行く余裕はなくとも趣味の場には行きます。高い収入を趣味に使っているというわけです。

どんな趣味にも、高収入な人は少なからずいるので、偏見を捨てて色々試してみると良いのではないでしょうか。

社会人向けセミナーに勉強がてら顔を出すのも効果的です。一番良いのは、平均年収が高い業界に転職したうえでその業界に関するセミナーに参加すること。同じ業界ということで興味を持ってもらいやすく、共通の話題も生まれて会話が弾みます。

また、高収入な男性と出会いやすい業界に転職できなかったとしても、趣味やセミナーで高収入男性と出会うケースは多いです。

高収入男性と出会いたいなら、諦めないことと、貪欲に学び続けることが大事!