公務員やりたい! という人、最近あまり聞かないですねえ。

逆に、公務員辞めたい! という人は多いように感じます。特に事務系の公務員はそういう傾向があるのではないでしょうか。どうして公務員の事務を辞めたい人が多いのか? 辞めたいと語る人が口々に語る理由は? 転職のポイントは?

そんな気になることを、ひたすら語ります!

公務員の事務を辞めたい理由、ありがちなのは?

公務員という職種は、個々人が評価されにくいですよねえ。

特に事務系の公務員は、個人が評価されるような仕事はありません。誰もが同じ仕事をするわけだし、成果を求められることが無いですからねえ。民間企業と異なり利益を生み出す必要が無いため、成果を求めるという文化自体が無いんです。

だから、個人の才能・能力とは無関係に仕事が割り振られ、給料も与えられます。

ここに不満を抱く人は、めちゃくちゃ多いです。

もっと評価されたい! というポジティブな理由ですねえ。

そこから、BtoB企業の仕事に憧れを持つ人も大勢います。企業を相手に利益を追求するというサラリーマン像は、事務系公務員とは対極の存在と言っても過言ではありませんから。

あとは、やりがいが無いとか年収をもっと上げたいとかもアリがちな理由です。

以上がポジティブな転職理由、ここからはネガティブな理由を少し紹介します。

公務員全般に多いのが、人間関係を理由に辞めたい気持ちがわくことですね。上司に理不尽な物言いをされたり、威圧的に接されたりすることで精神的に辛いと感じる。その末に精神疾患にかかる人が多いです。

公務員の闇ですわ…。

あとは「クレームが辛い」というのもネガティブな理由でありがちです。

どちらかと言えばポジティブな理由のほうが多いものの、ネガティブな理由の根はかなり深い。これはポジティブ・ネガティブ両方別々に、転職のポイントを語らないといけませんね。

引き止めは覚悟しておこう

閑話休題。

転職活動を始める前に、知っておいてもらいたいのが「引き止めについて」です。公務員は民間企業と比べると離職率は低いものの、辞められると困るというのは民間企業よりも切実だと思います。公務員は民間と違って簡単に中途採用するわけにいきませんしね。

だから、引き止められる可能性が非常に高いです。

引きとめを振り切るために大切なのは、退職理由を明確に語ることができること。先ほどよくある退職理由を紹介しましたが、その中で「私これだ」と自覚した人もいると思います。その自覚がしっかりできていれば、次は「紙に明確に書けるようにする」ことを意識してみてください。

オススメなのは、退職の申し出をするときに「退職理由をまとめた書類」を作り、提出することです。

別に不要なんだけど、そのほうが引き止められにくくなります。

上司を納得させて、円満に辞めてやりましょう!

民間企業の事務に転職って、どうなの?

民間企業の事務系仕事には、一般事務・営業事務・経理・人事・総務などたくさんの種類があります。人事は事務なのかというツッコミもたまにありますが、よく事務系として紹介されているので僕のブログでは事務系ということにしておいてくださいな。

一般事務はデータの入力や書類作成及び整理を行う仕事で、基本的に職場内には事務職しかいません。

営業事務は、営業部内で営業マンのサポートをする仕事です。書類作成・顧客情報の入力などがメイン業務ですが、顧客からの電話対応、営業マンのスケジュール把握なども仕事のうち。

経理は、企業のお金を管理する仕事です。専用ソフトに経費などを計上するのが、主な仕事となります。最近は便利な会計ソフトがたくさんあり、それを利用する会社も多いため、簿記の資格が無くても大丈夫という求人も多いです。

人事は、企業の人を管理しています。新卒採用や中途採用の予定を組むだけではなくて、部署の人数調整なども行うことになりますよ。

総務は、言ってしまえば「なんでも屋」です。他の部署がやらないような仕事全般を、総務がやります。中小企業だと人事の仕事も総務が行うことが多いです。

基本的に、どの事務仕事も公務員経験があれば慣れるのが早いでしょう。

ただし、事務の仕事はやはり評価されにくい傾向があるため、辞めたい理由がポジティブな人にはあまりオススメできないかもしれません。

ネガティブな退職理由を掲げている人には、オススメです。

ポジティブな事務系公務員にオススメの転職先とは?

BtoB企業の営業職、企画職は評価されやすくてやりがいが大きいです。

営業職というのは利益を持ってくる役割なわけだから、持ってくる利益が多ければ多いほど社内からの評価が高くなります。その成績がとても良ければ、業界内の評価も高くなり引き抜き話が持ちあがることも少なくはありません。

企画職は仕事がそのまま商品やサービスとして形を残し、利益の元となるわけだから売れれば評価されます。

営業も企画も結果を残せば年収も上がるため、ポジティブな理由から公務員の事務職を辞めたい人にはピッタリですよ!

昨今は女性もガンガン働きたいという人が増えており、それを受け入れる企業も多くなってきています。転職先の候補として考えておくと、キャリアはかなり広がるのではないでしょうか。

事務特化よりも、事務も営業も出来ますという人のほうが、重宝されますからね。

事務系公務員を辞めたい理由を自覚することで、転職先もある程度決まる!

そのあとに転職エージェントを使って求人を探すと転職しやすいけど、まずはとにもかくにも「自分がどうして辞めたいか」を明確にすることが大事です。