会社にとって重要な役割を果たす会計の仕事は、「もっと必要とされたい!」という想いがある人にものすごく合う仕事だと思います。

その想いがある人にとって会計の仕事に対する興味は大きいでしょうし、その想いが無くとも会計の仕事に興味を持つ人は多いのではないでしょうか。事務的仕事でありながら専門性も高く、必要とされる魅力はとても大きいですから。

そんな未経験から会計の仕事への転職に興味がある人が知っておくべき全知識を、紹介しましょう。

会計の仕事内容と給料をザックリ解説します

会計の仕事内容は、管理会計と財務会計とに分かれています。

管理会計というのは、売上や経費を管理したうえで分析をすることです。ほとんど言葉の意味のまま「お金の流れを管理する会計」と言えます。

財務会計というのは、帳簿や伝票への記録作業や開示資料の作成などの仕事です。財務会計は経理の人がこなす仕事というイメージですね。よく「会計と経理ってどう違うの?」という疑問を抱く人がいますが、違いというより、会計の中に経理という仕事が含まれるという感じです。

損益分岐点を考えたり機会損失や埋没原価などの検証・分析・修正などを担うのは、管理会計。

そう考えると、管理会計は「内部向きの仕事」であり財務会計は「公的な仕事」とも言えるかもしれません。

経理の仕事というと「データを入力する仕事」というイメージがあるかもしれませんが、会計全般で考えるとそれは間違いなんですよ。経理の仕事に不要とされてきている専門知識も、会計には必要とされます。

そんな会計の年収ですが…。

どの程度専門的に仕事を行うかによって大きく変わります。会計と言いながら経理とほとんど同じ仕事をこなすなら年収は400万円前後公認会計士になると700万円以上が多いです。月収にすると約30万円前後~60万円前後まで幅があるということです。

会計への転職に興味があるなら絶対に知っておいた方がいいポイント

これから紹介するのは、会計の仕事に転職してみたいなあという興味があるのなら絶対に知っておいた方がいいポイントです。これらを知らないと「お話にならないねえ」と門前払いを食らうかもしれません。ビシッとおさえておきましょう。

ポイント1.取っておくと役立つ資格まとめ

  • 簿記2級
  • 税理士
  • 公認会計士

まず、会計の仕事をするための知識を幅広く習得するために簿記検定2級を取得することをオススメします。どの業界においても必要とされるし、この資格を有していることが前提の求人も多く、これを取るだけでも可能性はかなり広がるんです。

2級は「仕事に活かせるレベルのスキル習得」を目指すもので、1級は「経営分析すら可能になるレベルのスキル習得」を目指すもの。

2級は年3回、1級は年2回受験チャンスがあります。

税理士は、企業経営の視点から税務・会計に関する仕事を行う資格。税務相談や確定申告の代理・税務書類作成などがメインの仕事です。企業や個人事業主に対する、税務関係のアドバイザーのような立ち位置になります。

公認会計士は、会計資格で最も地位が高い資格です。

管理会計や財務会計の仕事を単にこなすだけではなく、より高い次元で会計の分析を行うための資格と言えます。監査業務などを行うことも可能となる会計業界のドン。

最初は簿記2級から取得し、続いて1級、キャリアアップとして税理士や公認会計士の取得も段階的に考えておくと良いでしょう。

ポイント2.会計の仕事の向き不向き

  • コミュニケーションが得意な人
  • 長時間数字を眺めていても苦痛に感じない人
  • 知識欲が高い人
  • 論理的思考力がある人
  • 仕事において正確性を重視する人

会計の仕事はずっとパソコンとにらめっこするだけではありません。各部署と連携して仕事を行うのが基本なので、コミュニケーションスキルは必須になります。会計業界でキャリアアップして税理士や公認会計士すら視野に入れるなら、特に必須項目です。

数字を長時間眺めていても苦痛に感じないというのも、地味に大事!

僕は数字を長時間見つめていると「うがあああ!」と頭を掻きむしりたい衝動に駆られ、数字がだんだんとわけのわからない暗号に見えてきます。

そういう人は向いてないということです。

知識欲も大事。

会計の仕事は「税務の知識」「労務の知識」などたくさんの知識が必要です。キャリアパスは豊富だし、経験を積んで資格を増やしていけば収入もかなり多くなります。その分、「学び続けなければならない仕事」だということなんです。

知識欲が無ければ、絶対に長続きしません。

論理的思考力や正確性が大事なのは言わずもがなでしょう。

以上に当てはまれば当てはまるほど、会計向きということになります。逆に当てはまらない人は会計には不向きです。

ポイント3.会計の仕事がなくなる可能性について知っておこう

会計の仕事はなくなるのではないかと言われていますが、僕が考えるには「その心配はない」です。

会計ソフトが進化してただ単に帳簿を付けるだけなら誰でもできるようになり、請求書の発行もかなり簡単になりました。会計ソフトの自動振り分けなどAIも優秀になっていますしね。

だから会計の仕事がなくなるなんて言われ始めたわけだけど、会計の仕事は単なるデータ入力ではありません。

お金の流れを正確に分析するにはどうしても人が必要になります。AIでは対応できないようなイレギュラーも多いですしね。

たとえば「請求書通りに払われない」「値引きや返品」などがあるわけですし、数字を誤魔化している場合もあります。そういう異変に気付いて対応するには、どうしても人によるチェックが必要になるわけです。

そういう考え方をすると会計はなくならないということになります。

ポイント4.職場選びが何よりも肝心

ネットを見ていると、会計事務所で仕事を教えてくれないということが多発している様子があります。会計事務所には税理士の人がいますし、専門性の高い修業ができそうなものですが、中には未経験の人たちに厳しいところも結構あるということです。

研修をしっかり行ってくれる職場を選ばなければ、未経験からの転職はかなり厳しいでしょう。

転職するか決める前にやっておくべきこと

会計の仕事はかなり重要な仕事でやりがいも大きく、キャリアアップすれば安定した高年収を得られるという夢もあります。ここにきてますます興味が湧いてきたという人も多いのではないでしょうか。

ただ、転職するかどうかを決める前に、転職エージェントに相談してみてください。

たとえば「今の自分の市場価値でどれほどの職場に転職できるのか」を知れますし、職場選びのツールにもなりますし…。未経験から会計の仕事への転職を成功させるのに必要な要素が、たくさん詰まっています。

まずは転職エージェントに相談しながら、必要に応じて資格取得を目指しましょう。

そこから…会計ライフが始まります!