風俗業界は、未経験から飛び込みやすい転職先の一選択肢。

興味を持っている人は色々調べている最中だと思いますし、偏見はあまりない人だと思います。それでも最初に言っておきたいのは「風俗業界は職にあぶれた奴の漂流地点」ではなく、これも立派な転職先の選択肢のひとつなのだということ。

決して甘くはないが、甘くはない分、「稼げる」「面白い」という魅力が詰まっています。

そんな風俗業界の話を、風俗業界で働く友人に聞いたうえで、まとめてみました。

※夜の仕事の大変さを知りたい人はコチラもチェック!
夜の仕事を辞めたい男性はどんな転職先を狙えばいいのか?

風俗業界の「店の業態と仕事内容」の話

風俗業界には、さまざまな業態があります。遊んだことのある人はなんとなくわかっていると思うんですが、それぞれの業態の違いや仕事内容をここで改めて説明しましょう。これを読めば、風俗業界がどんなものかがわかりますよ。

1.風俗業界の主な業態

  • 店舗型ヘルス
  • 無店舗型ヘルス
  • 受付型ホテルヘルス
  • 無店舗待ち合わせ型ホテルヘルス
  • ソープランド
  • ピンクサロン
  • セクキャバ(準風俗)

ヘルスは、本番行為を行わない業態です。

店舗型は店舗内、無店舗型は客が用意した部屋(自宅・ラブホ)でサービスを行います。

ホテルヘルスは、店側が用意した「外部のプレイルーム」や「提携ホテル」でサービスを行うものです。受付を持つ店舗と、受付を持たない店舗とで呼び方が分かれます。

ソープランドは店舗の中で、本番行為を行う業態。

ピンクサロンは店舗の中で、口を使ったサービスを行う業態。

セクキャバはキャバクラに「キスと胸へのお触り」をプラスしたものです。

2.風俗業界の男の仕事内容とは?

風俗業界における男の仕事は、店舗型と無店舗型とで大きく変わります。

まず、すべてにおいて共通している仕事から見ていきましょう。

  • 電話対応
  • ホームページの更新
  • 女の子の勤怠管理
  • 女の子のメンタル管理
  • イベントなどの企画
  • 各種事務作業

女の子の管理に関しては、マネージャーという役職がつくまでは任せてもらえないことも多いです。

基本的に平社員が行うのは、電話対応・ホームページの更新・事務作業と企画ですね。

次に店舗型と無店舗型の違いを見ていきます。

店舗型は、「部屋の掃除と備品の交換」「備品の買い出し」「接客」の仕事が加わる。

無店舗型は共通する仕事の通りだけど、ドライバーを兼任する場合もあります。

ドライバーの仕事は女の子の送迎なんですが、これは無店舗型のお店以外にも存在するんです。店舗型の場合は終電を超えて働く女の子を送る仕事がメインとなり、かなり勤務時間が限定されます。

そのため、ドライバーは業務委託の個人事業であることがほとんどです。

また、セクキャバは「飲み物を作り、提供する」仕事が加わります。

接客の仕事に関しては、求められる接客レベルが店の業態によって異なるのが特徴です。

ソープランド>店舗型ヘルス>セクキャバ>ピンクサロン>受付型ホテルヘルス

ソープランドの高級店にもなると、一流ホテル並みの接客が求められる傾向があります。

3.風俗ボーイの給料はどれくらい?

風俗業界で働く男性の給料は、月収25~30万円スタートが基本となります。

ただ、業態によって変わることが多いです。最も給料が高いのはソープランドで、平社員の店舗スタッフでも月給45万円以上ということがあります。

給料は出世するごとに大幅上昇し、マネージャーになると月給50~60万円、店長になると月給60万+インセンティブとなっていくんです。

大手グループの店長だと、普通に年収1000万円以上稼ぎます。平社員も年収が最低でも300~400万円だし、マネージャーになると600~700万円も普通です。風俗業界の年収はかなりの高水準となっています。

かなり夢が広がりますよねえ。

ちなみに「ボーナス」は、企業によって有無が変わります。大手はボーナス有が多いです。

風俗業界経験者に聞く! 転職前に知っておくべきポイント

風俗業界経験者に、風俗業界に未経験転職する前に知っておくべきポイントを4点聞いてみました。求人をチェックする際のポイント、稼げる店の特徴、独自の慣習などなど…風俗業界に転職するための全知識がここにあります。

1.求人はここをチェックしよう!

  • 運転免許が必要か
  • 自己負担があるか
  • 男性向け採用ページがあるか

運転免許が必要かどうかは、業務の幅に関わってきます。

たとえば「ドライバー」じゃないのに運転免許が必要ということは、「閉店後に女の子を家に送る業務」を業務委託せずに店舗スタッフが行うということなんです。逆に、不要ということならそういう業務はありません。

自己負担というのは、ドライバーのガソリン代自己負担とか、備品の自己負担・客のタバコ代の自己負担とかのこと。折角の高い給料を経費に費やすのはもったいないので、しっかりチェックしておきましょう。

最後に大事なのが、男性向け採用ページの有無です。

一般企業だと当たり前にある採用ページが、風俗業界には無いことが結構あります。風俗店に勤める友人いわく、採用ページをしっかり作っている企業のほうが「安全」なんです。

安全とは…法律を守り、ヤクザ屋さんもおらず、従業員を大切にするということ。

2.稼げる店・出世できる店の特徴

グループ店かどうか、人気店かどうかです。

個人経営の店も風俗には結構ありますが、個人経営のところは全体的な売上が少ないため、あまり稼げません。それに後ろ盾がないということから、未だにヤクザ屋さんにケツを持ってもらっている店もあります。

また、風俗業界は完全なる実力主義・成果主義です。

店の売上が低ければ、店長だろうとスタッフだろうと給料は低くなります。逆に店の売り上げが高ければ、スタッフだろうと給料は高くなるわけです。

風俗情報サイトを使い、その地域の人気店舗ランキングなどを見ておきましょう。

3.「自分が遊んだ店へは転職できない」など独自の慣習が多い

  • 応募者が自分の店で遊んでいた場合は雇わない
  • 店の女の子との恋愛禁止だけど結婚はセーフ
  • 客が少ない女の子への義理風呂
  • 自分が女の子と付き合うことで管理する「色管理」
  • なぜか社員旅行大好き(冬は大抵ゲレンデに行く)

求人に応募して面接を受けたとき、店の人が「この人うちで遊んだことあるな」と思ったら理由を告げられることなく落とされます。

義理風呂というのは、店のスタッフが客として「自腹で」自分の店の子に入ることです。グループ店の場合は、別店舗のスタッフが行うのが基本となっています。

恋愛禁止だけど、マネージャー・店長などの役職付きが「少し心が弱い女の子」の管理をするために、付き合って管理することが多いです。

そしてなぜか冬にはゲレンデに行きたがる…。

以上、自分が風俗業界の仕事になじめるかどうかを判断するための材料としてご活用ください。