不動産は、真っ黒だなあ。

不動産業界が黒いと言われる理由は、色々あります。

昔は土地契約関係で色々黒い噂を聞いたという意味で「黒い」とか…ただ、今では「ブラック企業が多い」という意味で「黒い」と言われることが多いですよね。

慢性的な人手不足で「運転免許あればいいよー」と軽い募集をかけているところが多く、就職のハードルは低いです。

特に不動産営業は本当に、運転免許さえあれば入れます。というか、最初は皆営業をやらされますよね。

この営業の仕事が、特にキツイと言われてるんです。

それで仕事を辞めたいと思ったら、同じように不動産業界を辞めたいなあと思っている人が感じている仕事のキツイ部分とはどこかを知り、自分の不満を客観視してみましょう。

その上で、どのように転職すべきかを考えるんです。

厳しいノルマ

営業・販売関係の仕事にはノルマが付き物ですが、不動産業界のノルマは特に厳しいと言われています。

多くを売らないといけないわけではないんですが、不動産という商品はひとつ売るだけでも大変なんです。

その上「今月はこれだけ売り上げろ」と言われるんですから、てんやわんやですよ。

契約金額が大きいために、簡単に契約されることはありません。賃貸でもなかなか契約が取れないのに、売り物件である場合にはなおの事契約をとるのが難しいです。非常に高い営業スキルが求められるということになります。

その割に、参入は簡単で、業界に入ると最初は必ず営業をすることになるんです。

難しいことをやらせるのに、人材は簡単に採用してしまう。人手不足解消に躍起になりすぎている業界全体にこそ、不動産の仕事が辛い原因があると言えるでしょう。営業に向いていない人でも営業をさせられるんだから、そりゃあキツイですよ。

営業に向かない人でも、他の業界なら努力すればそれなりの結果が出せます。

ただ、不動産業界は営業に向かない人はなかなか結果が出せません。だから余計に、辛いんです。

チラシ配り、電話営業

不動産の仕事と言えば「客との交渉」や「窓口で客に物件を勧める」という仕事を想像しますが、最初のうちはそういった仕事を任せられません。

営業の仕事のなんたるかを教えられることなく、ひたすらポスティングと電話営業をさせられます。

正社員とは思えないですよね。

バイトでもできるだろう!! と。

なかなか自分がしたい仕事ができずに、心が折れて辞めるという人も多いです。

「こんな仕事がしたくて不動産に入ったんじゃないのに」と、不満を抱えながら仕事をしても、その先に明るい未来が待っているとも思えなくなりますからね。

バイトでも出来るような仕事ばかりで、しかも残業が多い。

残業代も出ないし、売り上げが出ないと給料が低い。

よほどの野心家でない限り、そりゃあ心が折れますよ。

スキルアップが難しい

不動産業界には色々な仕事がありますよね。

不動産開発・建託・マンション管理やビル管理・不動産の仲介や販売・営業などなど……。後は本社勤務の経理や企画なんかもありますが、「不動産業界の仕事」と表現するときイメージしやすいのはこれらの仕事でしょう。

この中で、一番簡単に就業できるのが営業です。

建託や開発、管理系の仕事やマンション販売などに関しては、資格やスキルが必要になります。そのスキルを学ぶため、資格を取るために不動産会社に営業として就職する人も多いですが、実際のところ、スキルアップは難しいですよね。

資格を取る勉強をする暇もなく、不動産関係のスキルが付くような仕事はなかなかさせてもらえません。

「開発がやりたい」「マンション販売がしたい」という想いがあったとしても、それを叶えられるのはいつになるかわからないんですよね。

また、最初からそれらの仕事を募集している会社は、案外少ないです。

だから、不動産業界で自分のやりたいことを叶えるためには、野心が必要になります。

絶対に上り詰めて、面白い仕事をしてやる!! その勢いが入社後に衰えず、ずっと野心を持ち続けた人は成功するでしょう。ただ、一度辞めたいと思ってしまえば、それまでです。野心も希望も冷めてしまっては、この業界で成功はあり得ません。

だから、辞めたいと思ったら、辞めるべきです。

転職して何の仕事をしよう?

不動産業界を辞めたとして、何の仕事をしようかというところが問題になりますよね。

僕がオススメするのは、営業と販売です。

不動産業界の経験があるということは、十中八九営業や販売系の仕事の経験があるということだと思います。だから、営業や販売の仕事へは転職しやすいでしょう。

不動産業界という荒波に揉まれた人なら、大抵の営業職で通用します。不動産屋から保険の営業や中古車販売という同じく、営業の中でも大変と言われている業界に転職して成功した人も多いようです。

また、販売職も同じくオススメ。

販売職は消極的な営業ですからね。営業職が積極的に自分から客を探しに行くのに対し、販売職は客が来るのを待って商品を勧めます。「営業の仕事にはもう懲りたよ」という人でも、販売職なら苦にならず続けられることが多いです。

不動産業界で働いていた経験を活かす方向で転職をするなら、どうしてもこの二種類になります。

ただ、それだと「営業も販売もやりたくない!」という人はどうすればいいのかわからなくなりますよね。

そういう人は、自分がやりたい仕事をやるしかないと思います。不動産での経験を活かすことは考えず、未経験でゼロから始めることを考えるべきです。当然高い給料は望めませんが、新人なので当然。将来的には給料も上がるでしょうから、挑戦する価値はあるでしょう。

やりたいことに挑戦するなら?

営業も販売も嫌だ、やりたいことをやるんだという人は、最初にスキルの棚卸しをしてください。

自分が今まで経験してきた仕事で培ったことでもいいし、個人的に勉強したことでもいい。

限界ギリギリまで細分化して、書き出してみてください。たとえば「営業能力」という物をひとつとってみても、その中には色々な能力と経験が含まれていますよね。コミュニケーション能力、自分なりに見出した交渉術、自分で仕事を効率化する力などなど、少し考えただけでもたくさんあります。

それらをすべて、書き出すこと。

その中から、自分が転職しようとしている業界・職種で役立ちそうなものを選考でアピールします。

これが、未経験でゼロから転職するときに一番大事なことです。他にも「意欲をアピールすることが大事」という人もいますが、意欲よりも経験と力をアピールすることが大切。意欲があっても使えない人材は、要らないわけですから。


「未経験だけど、使える人材だよ! 磨けば光る原石だよ!」

と、自分の能力を相手にアピールしてください。

また、転職を少しでも簡単にするために、転職エージェントを利用するのもオススメです。スキルの棚卸しの手伝いをしてくれますし、書類対策や面接対策もしてくれます。求人を探すのも楽になりますし、良いことづくめです。

不動産の仕事は大変な割りにつぶしがききづらく、営業と販売以外に直接有利になる仕事はなかなかありません。それ以外は全てゼロからのスタートになるという気持ちで、覚悟して転職活動に臨みましょう。