日野自動車というと、大型商用車ばかりを製造しているメーカーですよねえ。

トヨタの連結子会社となっている、「日本のトラックとバスなら任せとけ!」というような頼もしい企業と言えそうです。そんな日野自動車も期間工の中では有名な会社なわけだけど、日野自動車の期間工にも向き不向きというものがあると思います。

日野自動車の期間工を辞めたい! そんな思いが胸の中にメラメラと湧いてきた人は必見!

これが、日野自動車・期間工の向き不向きと転職戦略だ。

日野自動車の期間工の向き不向き

日野自動車の期間工は、募集サイトに月収例が20万円から30万円程度と記されています。20万円という月収は期間工の中ではお世辞にも高いとは言えませんが、慰労金制度は4.8~122万円と充実しています。

ただし、月収は手取り20万円を下回ることもあるという意見も多数あります。

某個人ブログには、2017年1月の給与が振込額168,500円だったという書き込みがありました。年度が変われば時給や日給も微妙に変わることがありますが、現在も大きくは変わっていないと思います。

慰労金制度は3ヶ月目の4.8万円からスタートし、24か月目に122万円になるというものです。長く働けば働くほど高年収になりますが、あまり長く働かないなら年収はそれほど高くなりません。

そう考えると、高い年収を期待して日野自動車の期間工を続けるのは、結構辛いでしょう。

寮は「六畳間の一人部屋」というネットの意見もあり、個室寮もあります。インターネットも寮管理人と相談することで、回線を個人契約という形で利用することができるようです。

周辺環境はどこも同じ田舎なので遊べるような場所はないものの、寮自体の環境はデンソーやアイシンAWと比べても良好と言えるのではないでしょうか。

プライバシーが欲しい人、充実した寮生活を送りたい人には日野自動車は向いていると言えます。

また、大型車ばかり扱うということでパーツの重量もそれなりにあるんですよね。作業が重労働になってしまうというのも、ネックになります。

あまりに重労働が辛いという人には向いていません。

給料・重労働あたりが辞めたい人の不満点になりがちなのではないでしょうか。

他社の期間工に転職するならどこがいい?

日野自動車の期間工から他社の期間工に転職するなら、給料と重労働の問題を解決したいところですよね。

そう考えると、個人的にはデンソーの期間工がオススメです。

デンソーの期間工は比較的給料も高く、慰労金が初回から30万円程度は貰えるという評判があります。期間工の中だとトップクラスの給料水準と言えるほどの高年収が期待できるため、給料に不満があるならデンソーはめちゃくちゃ魅力的でしょう。

作業に関しても、自動車部品を扱う会社なので重労働ということは決してありません。

定位置にいてボルトを締めたり、パーツをセットしたりするパズル感覚の作業が多いです。細かい作業が苦手な人には不向きかもしれませんが、重労働が嫌で日野自動車を辞めたいと思っている人には合うと思います。

正社員として部品工場に転職する道もある

デンソーの期間工をオススメしましたが、何も期間工という働き方で自分の人生を縛る必要は無いのではないかと思うんですよねえ。あなた自身が何か訳があって期間工という働き方にこだわっているなら、期間工を続けるのも良いでしょう。

ただ、あまりこだわりがないのであれば、正社員として転職を目指すほうが将来的にプラスになると思います。

期間工は言わば「目先の大金を追う仕事」のように、僕には思えるから。

じゃあどこに転職すればいいんだ? という話なんですが、ヒントはデンソー期間工をオススメした中にあります。

部品工場です。

期間工の経験を活かせるのは製造業以外になかなかありませんが、製造業の中でも日野自動車のような大きなものを扱う会社はどこも作業が重労働になりがちなんですよねえ。

重労働を避けたいという思いがあるなら、部品工場の仕事がやはり良いと思います。パーツはほとんどが手のひらサイズだし、仕事内容は機械のオペレートかパーツのセットかなので、危険な工程も少ないです。

特にオススメなのがミッション工場。

一人で二つの作業を担当するところが多く、どれも「ゲーム感覚で面白い」ともっぱら評判です。誰に? 僕の知り合いにいるんですよ、正社員で自動車部品を作っている会社に勤めている人が。

その人が言うには「自動車系の工場の中で、一番面白かった」そうです。

彼も期間工で転々とした挙句の転職でしたからね。

作業がきついなら、製造以外の部署に転職するのもオススメ

期間工の経験を活かせるのは製造業以外に「なかなか」ありません。

僕はそう語りました。

なかなか無いということは、探せばあるということです。

期間工の経験と言っても、そこには「さまざまな経験」があると思いませんか? たとえば「夜勤の経験」「体力仕事の経験」「立ち仕事の経験」「共同生活の経験」などなど、人それぞれ経験がたくさんあるんです。

それらを活かす方向で考えたら、製造業以外の転職先もしっかり見つかると思います。

たとえば、体力を活かすなら「営業」「引っ越し屋」「家具配送」などが思い浮かぶ。

夜勤経験と立ち仕事の経験を合わせると、バーテンダーにも向いているかもしれません。

寮が個室じゃなくてルームシェアタイプだった人は、共同生活の経験から「協調性がある」「コミュニケーション能力がある」と言えますよね。その能力を活かせば、営業職・サービス業・飲食業もできると思います。

日野自動車の期間工には、製造業以外にもたくさんの可能性があるんです!

その可能性を広げるために、転職エージェントに登録してみることを僕はオススメします。

僕が語った可能性以外にも、転職エージェントがあなたの経歴や性格・資格などから、向いている仕事を探してくれるはずです。求人をたくさん見ているうちに、「この仕事がしてみたい」というものにも出会えるかもしれません。

とにかく、期間工というのは閉鎖的な仕事です。

日野自動車の期間工を辞めたいなら、転職活動をすると同時に視野を広げて、開放的な視点から自分自身の行く末を見定めましょう。