日系企業の文化がクソだと話題になる度に、外資系企業が魅力的に見えてくるのはどうしてなんでしょうね。「海外文化に影響される会社だから日系企業とは違うだろう」という期待に、僕らは胸を膨らませるのかもしれません。

未経験だけど外資系企業に転職してみたい! だけど中途採用なんて大丈夫かな?

そういう願望と不安を抱いている人は、日本中に大勢いるんだと思います。

そんな人たちが知っておくべきことを、紹介しましょう。

日系企業と外資系企業との7つの違い

  • 働き方が違う
  • キャリアに関する意識が違う
  • 求められる行動が違う
  • 新人の育て方が違う
  • 業務範囲が違う
  • 出世する条件が違う
  • 仕事への割り切り方が違う

まず、日系企業と外資系企業とでは働き方が違います。

日系企業の多くは働き方が限定されていますし、長く働くというのが良いことだとされていますよね。勤務時間の長さが評価に繋がったり、勤続年数が評価に繋がったり…そういう「時間と期間の長さ」に縛られているのが日系企業的働き方です。

外資系企業はとにかく「結果さえ出せば自由」という風潮があります。

自分の仕事をしっかり終わらせることができれば、長時間働く必要はない。むしろ「長時間働いているということは、効率が悪いのだ」と無能判定されてしまいます。

そういう文化のため、働き方を自分で決めなければいけません。

「自分で決める」という点で言えば、自分のキャリアや仕事の進め方もそうです。

社会や会社からレールが敷かれて「こういう仕事をしているなら、次はこういうキャリアがある」と用意されている日系企業と違い、外資系企業は「どのように出世しようが、どのようにルートをたどろうが自由」です。

自由と言えばメリットに聞こえますが、人によっては「見放されている」というデメリットにも感じるでしょう。

外資系企業で求められる行動は、積極的に自分から動くことです。

また、新人教育を外資系企業はあまり熱心に行いません。

日系企業は中途採用者に対し、「うちの仕事の進め方は」「うちの社訓は」と事細かに研修します。新卒に対してはもっともっと基本のキから教えますよね。

外資系は「泳がせて育てる」育て方をするため、よく言えば自由、悪く言えば放任主義です。

ただし、トップダウンの傾向もかなり強いんですよ。

ある程度自由に放任されている割には、「個人の役割」がものすごく厳密に決められています。

上司と部下という上下関係は日系企業より明確で、部下は上司に従うものという風潮はかなり色濃いです。

また、個人の役割による業務範囲がかなり限定されています。日系企業のように誰かの役割を肩代わりすることなく、業務範囲を超えて手伝うということもなく、責任の所在がハッキリしているんです。

ミスをしたときにはすぐ責任の所在を特定されます。

直属の上司が人事権をも握っているため、上司に気に入られることが出世の条件となるのも大きな特徴です。

以上は見方によって、メリットにもデメリットにもなると思います。

自分自身が以上のような外資系企業の特徴をメリットと感じるのか、デメリットの側面があることも受け入れられるのかが、あなたが外資系企業に向いてる人かそうでないかの分け目となるでしょう。

ただ、仕事と私生活との割り切り方がクッキリとしているのはどう見てもメリットですよねえ。

プライベートを大切にする! 結果重視の殺伐とした風土があるからこそ、あたたかい私生活を重視するのかもしれません。

英語力に自信がないけど外資系企業で働きたいあなたへ

一般的に外資系に転職するなら必要とされている英語力は、TOEIC700点以上です。

外資系商社の営業だとTOEIC800点以上を求められることもあります。

しかし、外資系企業だから英語力が何よりも重視されるということはないんです。外資系企業は結果重視・実力重視の社会ということで、「英語力より実務スキルが大事」という職種もたくさんあります。

たとえば…。

  • 事務職
  • 専門職

以上の二つは、英語力をあまり重視されません。

事務職は英会話がほとんど必要なく、正しい文法で資料の読み書きができれば問題ないとされているんです。その業界の専門用語の英訳を知る必要はありますが、それさえしっかり勉強していれば事務として働けます。

英語力よりも、事務処理能力が高いことが大事です。

専門職は、外資系企業の職種の中で最も英語力が重視されない仕事と言えます。

その仕事をするのに必要な実務のスキルさえあれば、未経験だろうと中途採用を勝ち抜くことが可能です。

ただ、裏をかえせば、「英語力に自信がない人は英語を武器にできないから、特にスキルが大事になるということ」とも言えるのではないでしょうか。そこを意識しているかどうかで、転職の成否が分かれそうです。

未経験から外資系企業への転職を成功させるために知っておくべきこと

外資系企業への転職に興味があるのなら、向き不向きを判断して自らの英語力とスキルに合った仕事を探すことが大切です。ただ、それ以外にも知っておくべきことがいくつかあります。それぞれ簡単に説明しましょう。

1.IT系スキルがある人はかなり強い

外資系企業の中途採用求人の中で、最も数が多いのがIT・通信系企業です。

英語力が無い人にとって最強スキルとなるのは、システムエンジニアやプログラマーなどになるためのプログラミング・コーディングスキルと言えるのではないでしょうか。現在IT企業にいるのなら、そこを売りにすると意外とすんなり転職できるかもしれません。

今と違う業種の仕事がしたいと思っているのなら、IT系スキルを身につけることを考えると成功率は上がるのではないでしょうか。

2.国際資格を取れば最強

  • 米国公認会計士(金融業界)
  • 米国公認管理会計士(経理・会計)
  • 通関士(貿易業界)
  • IBMプロフェッショナル資格認定試験(IT)

さまざまな業界や職種の、国際資格の一例を挙げてみました。

ここで詳しく紹介するとキリがないので避けますが、自分が目指す業界や職種に関する国際資格を取得しておくと、転職にかなり有利になります。外資系企業は英語力もそうだけど実務スキルを重視するため、資格がその証明になるわけです。

特に国際資格というのは日本国外での評価が高いので、国内の資格よりも説得力が増します。

まずは転職相談が大事です

外資系企業は実力主義でキャリアに関する捉え方が日系企業と異なるため、「転職」という行為にかなり好意的です。

ただし、実務スキルや英語力などアピールポイントが弱い人には厳しいんですよね。同じ業界に転職することで実務経験やスキルをアピールできるし、IT系スキルを習得したり国際資格を取ったりするという対策はできます。

それでも外資系企業への未経験転職は、かなり不安ですよね。

まずはその不安を払拭するためにも、転職エージェントに相談してみましょう。

自分のスキルが外資系企業に求められるレベルに達しているのか、自分が外資系企業に向いているのか、自分が応募できる求人がどれくらいあるのか…。

そういったことを、転職エージェントのキャリアアドバイザーが教えてくれます。

相談結果を参考に転職するか決めたり、転職の戦略を考えたりすることで、未経験からの外資系企業への転職は実現できるのではないでしょうか。