不動産業界は、ものすごく飛び込みやすい業界です。

未経験者を多く受け入れ、転職者向けの求人はかなり多く出回り、未経験無資格からでも挑戦できる来る者拒まずなところがあります。ただ、飛び込んだ先は結構大変ということも多く、離職率が高いです。

芸能人が良く飛び込む熱湯風呂みたいな。

そんな不動産業界への転職に興味がある未経験者が、驚き飛び上がりすぐに離脱してしまわないようにするための知識を、すべて紹介しましょう。

不動産業界の仕事と魅力をギュッとまとめてみた

不動産業界未経験者が知るべきことはたくさんありますが、まずは前提知識として不動産の仕事とその魅力を紹介したいと思います。不動産の仕事は楽しくも厳しく、その逆も然り。しっかりと脳に焼き付けましょう。

不動産業界の仕事は3セクターに分かれる

不動産業界の仕事には、開発・流通・管理の3つの区分があります。

不動産の開発とは、土地の取得とどういう住宅やマンションを建てるかを企画することです。

各営業所というよりも、本社オフィスで働くようなイメージですね。土地を手に入れるための情報収集と、その土地にどのような建物が向いているのかを検討するところから仕事が始まります。

土地の所有者との交渉や外部への業務委託など、何かと人と関わる仕事です。

不動産の流通とは、物件を探している人に紹介して販売する仕事。

不動産仲介業や不動産販売代理業などが、これに当てはまります。仲介業というと、僕らが賃貸を借りるときにお世話になるようなところですね。働く側からすると、カウンターセールスという営業手法を取っているのが特徴的&魅力的。

不動産販売代理業は、不動産の提供者と利用者双方から手数料を取り販売を行う仕事。広告活動から販売までトータルで面倒をみます。

不動産の管理は、物件のメンテナンスを行う仕事です。

賃貸の管理会社などがこれに当てはまり、賃貸の場合は入居者と貸主との間を取り持つような業務が多くなります。賃貸の管理会社だけでなく、施設管理・テナント誘致などの仕事もこの管理に当てはまるんです。

以上が不動産業界の仕事!

それぞれの区分ごとに営業などの職種があるという感じですが、不動産と言えば営業みたいなところがありますね。

また、賃貸だろうと売買だろうと、不動産業界は「未経験者には営業をやらせる」という文化が強いです。未経験からいきなり開発側のデベロッパーと呼ばれるような仕事をすることは、なかなかありません。

2.不動産業界の年収

不動産業界の年収は、かなり幅が広いです。

たとえば不動産営業だとその種類や個人によって大きく異なり、年収200~2000万円とそれはもう大きな大きな幅があります。営業成績が伸び悩んでいる人は年収がかなり低くなり、逆に成績が超絶良い人は年収がかなり高くなるんです。

不動産営業は「基本給+インセンティブ」という形をとることが多く、中には基本給がかなり低い会社もあるんですよ。

開発側にいるデベロッパーは営業よりも安定して年収が高く、平均しても600万円はあると言われています。大手不動産会社のデベロッパーは、安定して1000万円以上を得ている人も多いです。

キャリアパスとして、考えておいても良いでしょう。

不動産業界Tips 知っておくべき知識の話

不動産業界の仕事は開発・流通・管理に分かれるものの、未経験者を受け入れているのはほとんどが流通。そこを踏まえて不動産業界への未経験転職を考えるために、知っておくべきことを紹介しましょう。

1.不動産業界に向いてる人、稼げる人はどんなヒト?

  • コミュニケーション能力が高い人
  • 人が好きであること
  • ストレスに強い人
  • トレンドに対して高いアンテナを張っている人
  • 努力を努力と思わない人

不動産の仕事は開発だろうと流通だろうと管理だろうと、人と関わる仕事であることに変わりはありません。

不動産営業以外の仕事をするにも、事務などの完全内勤を別として、ほとんどの職種でコミュニケーション能力が問われます。さらに言えば人が好きであることも、不動産業界には大切な素養です。

不動産は「人の人生の分岐」に関わります。

賃貸だとしても、そこには「進学」「就職」「転勤」など人生の分岐が絡みますよね。売買なら一生ものの買い物をするという紛れもない人生の分岐地点。そのタイミングの買い物を手助けする仕事ということで、その客の立場に立たないとうまく仕事が進みません。

そのために、人が好きという気持ちが大切となります。

それが根底にある人なら、コミュ力が多少低くとも多くの客に好かれる不動産マンになれるでしょう。

また、不動産の仕事はかなりストレスがかかるのでストレス耐性が弱い人にはオススメできません。

トレンドにアンテナを張っている人は、開発の仕事にかなり向いています。もちろん営業をするにしても社会的状況を絡めた説得などができるため向いているんですが、開発は特に「トレンドを意識した企画」が必要になりますからね。

昔から「社会の流れと不動産」はかなり密接です。たとえば、オリンピックを思い浮かべればわかりやすいのではないでしょうか。

あとは、努力を努力と考えず「自然と努力を積み上げられる人」は、天才的に不動産業界に向いています。そういう人こそガンガン成績上げて稼げる人になるんでしょうね。

2.不動産に転職するなら賃貸と売買どちらがよいのか

賃貸のほうが未経験歓迎の求人は多いように感じますが、僕は売買を勧めたいです。

特に先ほど紹介した「不動産業界に向いてる人の特徴」に当てはまる人は、売買のほうが成長できてストレスも感じられないと思います。

賃貸関係の仕事は「流通(営業)」と「管理」とが一緒になっているケースがほとんどです。クレーム対応や管理業務などに追われてしまい、本来すべき不動産の勉強がおろそかになります。

未経験転職で勉強がおろそかになるのは、かなり良くないです。

それに賃貸の分野は固定給がかなり低くなっており、年収300万円にも満たない人が大勢います。

売買のほうが不動産の仕事の多くを学べるし、流通側から管理側への流れもスムーズ。キャリアアップもしやすく、オススメです。

3.不動産業界への転職を有利にする「資格」の話

  • 宅地建物取引士
  • 管理業務主任者
  • 不動産鑑定士

宅地建物取引士(宅建)が、最もオススメな資格です。

建築・金融・不動産の知識を丸ッと学ぶことができ、不動産流通・開発などへの道が簡単に開けるようになります。この資格を取得しているだけで、未経験からでもデベロッパーなどの開発側の仕事ができるようにもなるし、資格手当で給料も上がるんです。

合格基準は約75%以上。

合格率は20%にも満たず、結構難しいものの、しっかり勉強すれば取れる範囲と言えるでしょう。

まずは相談だけでもしてみよう!

不動産業界の仕事は未経験者を大募集しているものの、一筋縄ではいかないものです。転職をするかどうかはしっかり見極める必要があるし、自分に合う求人を見極めて早期離職しないように工夫をする必要があります。

まずは、転職エージェントに相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?

不動産業界の営業以外の求人も多数紹介してくれるし、未経験から条件の良い会社を紹介してくれます。そもそもの「決断」の手助けになるアドバイスも得られるでしょう。

相談してみて「転職しよう」と思えるなら、飛び込もう!