仕事は、1年目が一番辛い。

「753」という数字、何の数字だと思いますか? 中卒7割、高卒5割、大卒で3割の人が入社三年以内で仕事を辞めるという統計的な数字なんです。その中でも、僕は1年目が一番離職率が高いのではないかと思っています。

仕事で一番辛いのって、新卒1年目なんですよ。

バイト以外の社会経験が無く、初めての環境で初めての仕事をする。辛いに決まってるし、大変に決まっている。人によっては、バイト経験すらない人もいますからね。辞めたくなるのも無理はないと思います。

けれども、1年目で、辞めてしまっていいものなのか?

とりあえず3年、は嘘

日本国内、社会全般で言われている言葉、「とりあえず3年続けろ」。

僕から言わせてもらえば「とりあえずって何?」って感じです。社会人になると1年1年短いと感じるようになりますが、3年は長いですよ。

「とりあえず」で続けられるような年月じゃないし、あまりにいい加減だなあと思います。辞めたい気持ちを抱えたまま、3年待てって?

あまりに無責任すぎますよね。

確かに3年未満で辞めるのと、3年経ってから辞めるのとでは世間の目は違ってくる。

転職するなら勤続年数が短すぎると不利になるという理屈は、とてもよくわかります。そういう意味では「3年続ける」は間違いとは言い切れませんが、それでも僕は「そんなのは嘘だね」と言いたいです。

特に営業職に関しては、「とりあえず」という気持ちでダラダラ3年続けてもしょうがないかなあと思います。

営業職は、受動的な態度で身につく仕事ではありません。能動的に自ら動き、考えて自分なりの営業術を見出して初めて身につく仕事であり、「とりあえず」なんていう気持ちで働いても何も変わらないと思いますよ。

それじゃあ辞めればいいのか?

それも少し違います。

「とりあえず続ける」の意味

「仕事をとりあえず続けてみろ」の本当の意味は、その仕事の本質がわかるまで続けろということです。

営業の仕事の本質がわからないまま「辞めたい」と思っている人が1年目では多いと思いますが、この仕事の本質を知ると「続けてみようかな」という気持ちが出てくることもあります。

営業の本質は比較的短期間で見抜きやすいですが、自分なりの営業術が見えてきて初めて本質が見抜けるんです。

1年経っていない状態では、それを見抜くことは難しい。

ただ、1年経って2年目に突入すれば、営業の仕事の何たるかはわかりますよ

3年続ける必要が無いというのは、営業の仕事の底が見えやすいということも関係しているんです。底が深すぎる仕事だと3年でも足りないんですけどね。

営業の仕事は突き詰めると深いですが、本質を知るだけであれば案外浅いと僕は思っています。

僕が思うに、一番良いのは1年はとりあえず続けてみることです。

自分なりの営業術を1年で身に着けるために先輩に教えを請うなり、失敗経験をメモするなり努力をしてみてください。

そうやって身に着けた営業術を使って仕事をしてみて、営業という仕事がどういうものであるかを知って欲しいと思います。

その結果、やっぱり辞めたいと思ったら辞めればいい。
続けてみようかなと思ったら、続ければいい。

1年目で仕事を辞めたくなるのは当たり前なんです。1年目は仕事のイロハも、その仕事の本質も分からないから面白くないし、うまくいかないことが多いから。

辞めたくなるのは、新卒1年目によくあるハシカのようなものであり、それが本当の気持ちかどうかはまだわからないことが多い。

だから、判断を焦ってはいけません。

営業の仕事の何たるかを知れば、本当に辞めたいのか、一時の気の迷いなのかがわかります。

どうしても辛抱できない人へ

「営業術を身に着けてからなんて、悠長なことは言ってられない! 我慢ならない!」

僕から「1年は続けたほうがいいよ」とか「仕事術身に着けるまで続けようね」とか言っても、それを聞き入れられない人もいると思います。

辞めたい気持ちがあまりに強く、どうしても辛抱ならないというのなら、辞めればいいんじゃないでしょうか。

それほど辞めたい気持ちが強いなら、仕事術を身に着けることはできません。

営業の仕事で何かを学ぶには、能動的に教えを請い、研究しなければならない。辛抱ならない気持ちを抱えながら働いても、それができるとは思えません。

それなら、早めに見切りをつけて辞めてしまうのもひとつの手だと思います。

実際、営業を1年経たず辞める人は案外多いです。

ただし、今度は転職先に選ぶ職業の研究を、しっかりしてください

恐らく、1年経たずに辞める人の多くは「理解不足」だと思います。その人の会社や職種による理解が甘いから、「こんなはずじゃなかった」と1年も続けられないんです。

本質は飛び込んでみないと実感できませんが、誰かが語る「本質のようなもの」を知り、事前にある程度の理解をすることはできます。

転職をするなら、今度はその理解をしっかり深めてからにしましょう。

今度また1年経たないうちに辞めるなんていうことが無いように、慎重に