コーダーは、WEBをはじめとするIT業界を目指す人が一度は「やってみようかなあ」と考える仕事だと思います。かくいう僕も一度は考えましたが、結局営業職に落ち着いているわけです。知れば知るほど「僕には向いてないかもな」と思えましたからね。

気になるのが、コーダーに関して調べていると「やめとけ」とか「辞めたい」とかが検索候補に出てきたり、検索結果に出てきたりすることです。

そんなに辞めたい人が多いのかあ…と疑問に感じることが多いから、転職経験者の僕なりにコーダーから転職するときに気を付けたいポイントや転職先などを、考えてみることにしました。

コーダーの楽しさ、コーダーの苦労

コーダーの仕事の楽しさというと、「働きながら学び続ける」という面白さにあると思います。WEBのコーディングに使われる技術は普遍的ではなく、時代の流れとともに移り変わっていくものですからね。業界自体が新しいということもあり、まだまだ新しいものが生まれてきています。

既に、インターネット初期の技術は使えないようになっていますからねえ。

だからこそ、この仕事を続けていくということは、働きながら学び続けるということです。それに、最初は技術が無い人でも働きながら学んで活躍できるまでに成長できるという、寛容さも面白いところだと僕は感じています。

ただ、それはそのまま仕事の大変さにもなるんですよね。

新しいものに真っ先に飛びついて、目をキラキラと輝かせて興味を持てる人は楽しいと思います。だけど、そうでない人にとっては「学び続ける苦痛」になってしまうんですよね。これを感じるということは、根本的に「コーダーに向いていない」と言えるでしょう。

仕事の根本、根幹、肝ですから。

職場環境は会社によりけりですし、給料も経験によって上がってきます。コーダーを辞めたいと思う人に多いのが、この向いていないタイプだと僕は思うんです。向いていないと少しでも思うのなら、転職の方向性がある程度決まってきます。

その方向性を、僕から提案しましょう。

「コーダー辞めたいなら営業はどう?」と思う、IT系営業マンの僕

べ、別に仲間を増やそうという思惑があるんじゃないんですからね!

実際ね、技術系の仕事を辞めたい人が同業の営業職に転職するというのは、かなりありがちな話です。ただ、世の中にはありがちなだけで大してメリットも無いようなこともありますよね。

コーダーから営業職はメリットがあるの? ということですが、あります、あります。

まず、コーダーが向いていない人の不満点を解消できる可能性が高いんです。営業職は生涯勉強とはいっても、新しい技術を率先して学ぶということはありません。もちろん、WEB・IT業界にいるからには技術を知っておく必要はありますけどね。

それも実践で使えるレベルである必要はなく、資料で勉強する程度のこと。

だから、コーダーが向いていない人でも営業職ならOKという可能性はかなり高いわけです。

また、コーダーの経験があったからこそ、技術系の部署との折衝ごとがしやすいというメリットもあります。知識がほかの営業マンよりもあるだろうから、クライアントの要望を聞き出すのも上手なんじゃないでしょうか。

コーダーをしているときに感じた、「営業そこを聞いておけよー」みたいなことを今度は自分が聞けるんです。そういう「ここを聞けばいい」みたいなことがわかるだけでも、営業職の素養ありと言えます。そうして、コーダーたちの役に立てると思えばやりがいもあるというものでしょう。

ということで、IT営業の僕としては営業職はオススメに入れないとしょうがないなと思ったわけです。

コーダーからWebディレクターという選択肢は?

ディレクターというと難しそうなイメージがありますが、Webディレクターの中にはコーディングもデザインもできない人もいます。技術があるからディレクターになれるとか、無いからなれないというわけではありません。

コーダーだからと言って必ずしもなれるわけではないですが、下流工程からディレクターになれないということもまた、ないんですよ。

Webディレクターに必要なのは、まず分析力とコミュニケーション能力と調整管理能力の三つです。企画力が必要という人もいますが、企画力というのは高い分析能力を持っている人に付随してくるものだと僕は考えています。だから、まずは分析力が大事なんです。

Webに大切な分析といえば、アクセス解析や統計の分析・対象ユーザーに何が求められているかの分析などなど…。これには知識が必要ですが、その前に「何かを分析するのが得意であること」も大切ですよね。

また、人と人とをつなぐ架け橋になることが多いからコミュ力と調整管理能力も必須になります。

ディレクション業務は、分析・調整・管理の繰り返しですから。

もし、今コーダーを辞めたいと思っていて「自分にはそのスキルがどれかひとつでもある」と感じるのなら、Webディレクターという道もあると思います。ただ、営業職と違ってコーダー全体にオススメできる仕事かというと、そうじゃないんですよね。

だから、Webディレクターに転職したいなら、じっくりと考えてみましょう。

コーダーの経験を活かせなくてもいい、まったく別の仕事でもいいなら…

コーダー経験を活かしてWeb・IT業界の営業職になろうとか、ディレクターという道もあるとか紹介してきました。

ただ、中にはWebやIT自体から離れたいとか、別に経験と知識を活かせなくてもいいと考えている人も多いと思います。

コーダーを辞めたいけど、そういう仕事に転職してもいいんですか、いいんです!(川平慈英さん風。)

たとえば、事務職に転職してもいいと思います。デスクワークという共通点はありますし、パソコンをある程度扱えるだろうから事務職に転職するのには苦労しないでしょう。コーダーから転職したら、忙しさの違いに良い意味で驚くと思います。

また、対極的な仕事をしようとサービス業を志してもいいんですか、いいんです!

結局、コーダーを辞めたいという人にとって大切だと僕が思うのは、自分が興味を持てる仕事をすることだと思います。興味が続くということは、その仕事を続けるうえでの一番大切な才能です。コーダーにとっては特にそうで、今のあなたはそれがない。

ということは、コーダーには向いていなかった。

向いている仕事を探すには? 興味が続きそうな仕事を見つけること! だから、営業でもディレクターでも事務でもいいんです。自分がしっかり考えて選んだ仕事なら、転職は成功に導かれるのではないでしょうか?

転職エージェントを使って成功率を上げることもできますし、選択肢は広く取りましょう!