知的財産・特許の仕事というと、なんだかカッコエエイメージがありますよね。

自社の知的財産や特許を守る守衛隊! 具体的にどんな仕事をしているのかはイメージしづらいけど、なんとなく良さげなイメージがある。そんな知的財産や特許の仕事に「未経験だけど転職してみっかなあ」と興味がある人も多いと思います。

そんな人が詰め込むべき知識を、ギュッと濃縮して紹介しましょう。

知的財産・特許の仕事内容と魅力をまとめてみた

知的財産・特許の仕事内容は、なんだかイメージがわきにくい。知財と特許を守る仕事ということくらいしか知らない人は多いでしょう。そんな人のために、仕事内容や魅力、給料などをしっかりと&簡単にまとめてみました。

1.知財部と特許事務所の仕事内容を比較してみた

知的財産と特許関係の仕事を行うところは、大きく「知財部」と「特許事務所」とに分かれます。

知財部の仕事内容は、研究開発部門の人たちと連携を取ながら「先行技術調査」「特許戦略立案」などを行うところから始まるんです。

先行技術調査というのは「先に似たようなことをしてる奴いないかな」と調査をすること。その調査結果を基にして「どのように開発の市場価値を生むか、判定するか」を考えたり、特許出願のための戦略を練ったりするのが特許戦略立案です。

発明・開発を特許出願するための各書類の作成を、特許事務所に発注します。

ほかには、ライセンス契約の締結・特許訴訟に関する仕事・知財や特許侵害の調査などが知財部の仕事です。

ものすごく幅が広いですよねえ。

そのため、知財部は会社によってはかなり激務になるので気を付けましょう。

特許事務所は、特許明細書など特許出願に関する書類の作成がメインとなります。

企業知財部から委託された業務を行うことがほとんどのため、かなり仕事の範囲が狭くなるんですよ。

ただ、書類作成に関してはスペシャリストになれます。

特許明細書を作成しながら地道にコツコツとスキルアップする意識が無いと、特許事務所への転職は厳しいでしょうね。幅広い仕事を学びたいなら知財部への転職を考えるのが、よさそうです。

給料は400~500万円あたりがボリュームゾーン。未経験でも年齢や適性アピールによっては最初から400万円を得ることができますが、大抵は300万円から350万円程度スタートになるでしょう。

2.知的財産・特許の仕事の魅力と向き不向きをインタビューしてみた

僕が現在勤めているメーカーの知財部に出向き、「仕事の魅力は?」とインタビューしてみました。

「俺が利益を守ってるんだ! と豪語できるところ」

開発チームがどれほど素晴らしい発明や開発をしたところで、知財部がそれをしっかりと知的財産として確立しなければ他社に持っていかれてしまいます。先願主義なので「先に発明しました!」と主張したところで、特許出願が後だと却下されるんですよ。

知的財産権を守るということは、自社の利益を守るということ。

そこに魅力があると、知財部の人は語ってくれました。

「じゃあどんな人が向いているんですか?」

  • 高い理解力を持っている人
  • 論理的思考ができる人
  • 調整力がある人
  • 知識欲が高い人

以上が、知的財産・特許の仕事に向いている人の特徴です。

知財・特許の仕事というのは、人の話を聞いたり文章を読んだりして理解するということがとても大事。開発部から「こういう技術を開発していて…」という内容を聞いて、それを理解できなければ明細書を発注するための要件が固まりません。

特許事務所で働く場合も明細書の要件をしっかり読んで内容を理解しなければ、クオリティの高い明細書を作ることはできないんです。

理解力は最も大切な適正と言えるでしょう。

論理的思考も理解の手助けをしてくれるので大切です。逆に言えば、論理的思考ができなければ発明・開発の内容を理解できないと思います。

また、知財・特許の仕事というのは開発部門の人たちをはじめとして、さまざまな人と関わります。人と人とを繋ぐ調整能力がある人は、かなりスムーズに仕事を進められるので有利です。

知財・特許の仕事はさまざまな知識を吸収することで成り立つ部分があるため、知識欲が高い人もかなり向いています。そもそも未経験からなら「知財・特許に関する専門知識」を勉強しないといけませんしね。

そのうえ、転職した後も自社の発明や開発について学ばないといけないので、知識欲が無いと苦痛になると思います。

知的財産・特許に興味があるなら知っておけ! 転職を考えるための2つの知識

知的財産・特許の仕事に興味がある人にとって大事な知識は、ここまででかなりの大部分を紹介してきました。ただ、転職するかを考えるために、転職を成功させるためにもっと盤石にしておきたいのなら、これから紹介する2点もおさえておきましょう。

1.「経験者のみ」の求人が圧倒的に多い

知財部や特許事務所は、普通に求人を検索していると「経験者のみ」というものが圧倒的に多いように感じます。

知的財産・特許の仕事は覚えることが多く、専門的な知識も必要になりますからね。人を育てるのに結構な時間とコストがかかるので、その余裕が無く経験者のみとしている企業が多いということなんです。

未経験者が採用されるためには未経験OKの求人をどうにかして確保することもそうですが、「学び続ける姿勢」をアピールすることが大事と言えます。

その姿勢をヒシヒシと感じることができれば、企業も安心して雇うことができるというもの。未経験採用に消極的な企業の不安を利用すれば、安心させることによりかえって採用確率が上がるということも無くはないです。

また、スタートは特許事務所か知財部かどっちが良いのかということについては、意見が割れます。

個人的には、特許事務所は個人事務所なども多いため人材育成の余裕が無く、未経験者にはオススメできません。

一般企業の知財部のほうが幅広い業務を学べるだけでなく、会社として研修に力を入れやすい体制が整っていると考えられるため、未経験者にオススメです。

2.有利な資格

  • 弁理士
  • TOEIC800点以上
  • 知的財産管理技能士

知的財産・特許関係の仕事で中心となるのは、弁理士資格です。合格率10%程度と結構な難関資格ですが、これを取得している人はかなり有利になります。今から無理して取得する必要もないとは思いますが、知財・特許の仕事をするならどちらにしても取得を考えておくと良いでしょう。

英語に触れる機会が多いので、TOEIC高得点はかなり有利。

知的財産管理技能士は、知財に関する基本的な知識を有していると認められる国家資格です。弁理士に比べると難易度は低く、企業の知財部に転職したいならこの資格で必要十分ですよ。

転職エージェントを使うとバッチリ

知財部・特許事務所の求人は、結構少ないです。

分母が少ない中から「未経験OK」の求人を探すのは、一筋縄ではありません。そのため、転職エージェントを使うことを強くオススメします。

転職エージェントに登録することで、一般公開されている求人のほかに非公開の求人も得られるようになるんです。求人の全体数も増えますし、非公開求人は質が高いものが多いので転職して後悔する結果にもなりにくいと言えます。

未経験から知的財産・特許の仕事がしたいなら、転職エージェントを使いながら、知識を蓄えて地道に活動をしましょう!